おすすめニュース19点盛り (ずいぶん雪が降りましたねえの巻)

速報 > 経済 > 記事
太陽光、企業からの買い取り価格下げ 経産省が検討
2016/1/18 2:01
日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO96221860Y6A110C1NN1000/

【太陽光パネルの性能向上などを踏まえ、15年度の1キロワット時あたり27円から20円台前半まで下げる方向だ。】
→ 性能の向上なんぞ大していないような気がしますが・・・。まあ、「現状維持なんて世論が許さないし」「1円じゃあ下げたうちに入らないし」「2円か3円の下げってことにしましょうかね」「最近は同じパワコン容量でもたくさん発電するみたいですし」「いわゆる過積載って奴ですね」、ということで、24円か25円じゃないかなという予感でありますが。

第20回調達価格等算定委員会 -開催通知
最終更新日:2016年1月18日(月) 15時01分
https://wwws.meti.go.jp/interface/honsho/committee/index.cgi/committee/11984

【本会議はインターネット生中継( http://www.ustream.tv/channel/a4mFCqXdsw6 )をいたしますので、こちらも御活用ください。】
→ 明日でありますね。議題は「固定価格買取制度の動向と見直しに関する検討状況について」「その他」とのことで、直接的な¥の話ではなさそうですが、注視しておきたいものあります。

太陽光発電入札、不正には懲役も 経産省
2016/1/13 1:47
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO96044120T10C16A1EE8000/

【入札の参加者が不正な利益を得る目的で談合したり、国の職員が入札に関する秘密事項を漏らすなどすれば、懲役や罰金が科される。】
→ 当然ですね。

2016年01月18日 13時00分 更新
自然エネルギー:
非住宅用の太陽光発電が200万kWも減少、木質バイオマスは順調に拡大
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1601/18/news025.html

【固定価格買取制度の認定容量が1カ月間で一気に181万kW(キロワット)も少なくなった。前月比マイナス2%で、過去最大の減少率だ。】
→ 権利取りのようなもので容量が積み上がっていたものが整理されたという部分が大きそうですかrわ、それ自体は喜ばしいことではないでしょうか。もっと整理されて、健全な状態になっていただきたいものです。

北電、風力発電接続を無制限に抑制 受け入れ超過 採算見通せず事業者困惑
01/18 05:00、01/18 09:56 更新
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0224217.html

【北電の受け入れ可能量は36万キロワットで、この時点で接続済みと申し込み済みを合わせて39万キロワットに達しており、可能量を超えていた。
このため経産省は12月16日、北電に対し、補償なしで必要に応じて無制限に出力制御を求めることができるルールの適用を告示。北電は同日以降に接続を申し込む事業者を対象に新ルールに切り替えた。申し込み済みの設備については、従来通り年間720時間を超えた分を北電が補償する。北電のルール変更は風力発電を計画している事業者に波紋を広げている。】
→ 計算した北電を信用できるかどうかとか、結局アレのための枠は確保してあるんでしょなど、いろいろと見方はあるとは思いますが・・・。「地球にやさしいオレたちの金儲けガー」は否定はしないのですが、波紋という名の「ガーガーガー」ような気もしてならないのですが・・・。

イノシシ対策を徹底した和歌山のメガソーラー
丘陵にアレイ間隔1mで土地なりに設置
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2016/01/12 00:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/302960/010800019/

【前後のアレイ間隔は、最短で約1mに狭めた。これに対して、駐車場の平坦な場所に設置したアレイの間隔は約1.3mとしている。】
→ 南に下る傾斜だと詰められるのでうらやましすです。弊社では逆勾配に挑みます。間隔は2メートルです。間に花でも植えましょうか。

2016年01月14日 11時00分 更新
自然エネルギー:
小さい落差と少ない水量でも発電できる、農業用水路で80世帯分の電力に
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1601/14/news031.html

【発電後の水は用水路に戻すため、下流の水量は変わらない。用水路のうち水量が減る区間は短く、自然環境に対する影響も小さい。こうした発電方式を「従属発電」と呼ぶ(図2)。水力発電を実施するにあたっては、国や自治体から水利権の使用許可を得る必要があるが、従属発電の場合は自治体レベルで手続きが簡潔に済むメリットがある。】
→ 山主さんで河川が流れているようなところの方ならチャレンジできるのかな、という気もしますね。

藤本健のソーラーリポート
第2号の太陽光発電所を千葉に購入! 土地探し、そして契約へ その1
by 藤本 健
(2016/1/14 07:00)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/solar/20160114_738651.html

いずれは「某スタイル」さんが登場するのではと勝手に予想をしておりましたが、案外早く登場で驚きました。信販会社利用可能で、コストが見えやすいという点ではおすすめでありますし、システム一式のお値段も悪くありません。中の人たちは結構忙しいので大丈夫かいなと思うことが多々あったりもしますので、いろいろぐちゃぐちゃとご意見ご要望わがままを言いたいタイプの人にはあまり向かないかもしれません。

【あとは、東電からの連絡待ちということになったのだが、その後、予想外、想定外のことが次々と発生するのであった。】
→ (・∀・)ニヤニヤしながら、次の記事を待ちたいと思います。・・・、予想外、想定外が多発するものであります。

「東京電力と組む矛盾はない」「再生可能エネルギーの発表は年内」……ソフトバンク宮内社長
RBB TODAY1月13日(水)9時3分
http://news.biglobe.ne.jp/it/0113/rbb_160113_2992390810.html

【全国ユーザーに向けての営業力や、電気以外を組み合わせた新しい付加価値の創造が行える点において、ソフトバンクが強力なパートナーであると期待している。】
→ げっ、なんたら通信の残党みたいな輩の下品でしつこい営業を東電は期待しているのでしょうか。東電が上品だなんてこれっぽっちも思いませんし、東電の必死さはわかりますが、矛盾というより無節操をちょっと感じます。

経済 : 霧ケ峰下の大規模太陽光発電所 環境アセス実施へ 都内業者
更新:2016-1-14 6:00
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=36083

【大規模な太陽光発電所「ソーラーパーク四賀」の開発を進める「Looop」(東京都文京区)】
→ なんとかの木ソーラーシリーズは終了でありましたか。(かなり前に終了していましたが。)

1月13日
霧ケ峰近くの計画 初適用へ 太陽光発電所対象の県環境条例
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160113/KT160112ATI090006000.php

【敷地面積約188ヘクタールのうち、湿地帯などを除く約95ヘクタールに34万6千枚の太陽光パネルを並べ、最大出力89メガワットの発電を見込む。約95ヘクタールにわたり森林伐採する予定】
→ 半分は伐採せずに残すなんて良心的ではありませんか。自然堤防のようなものをぶっこわして(以下略

洋上風力発電 環境影響に懸念も
村上・岩船沖 住民説明会始まる
2016/01/15 15:51
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20160115228995.html

→ 洋上風力でもなかなか大変でありますね。

蓄電こそが世界を救う?「フロー電池」を6割もコストダウンできる技術が登場
2016年1月8日
http://nge.jp/2016/01/08/post-128273/2

【エネルギー貯蔵技術の進歩なしに、エネルギーと環境の問題の解決はありえない。】
→ そう思います。期待したいですね。

ネクストエナジー、低圧向けのパッケージ製品、総発電量30%向上も
地域特性に応じて最適なパネル積載量を算出
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2016/01/11 18:14
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/011100101/

【従来、ピーク時の最大発電量にパネルの積載量を合わせていたが、快晴の日に発電できる日は実は少なく、また四季の変化や緯度、地域ごとに日射量が異なる。そこで独自開発の発電シミュレーションソフトを使用し、地域ごとに投資効果が最も高いパネル積載量を算出、年間の総発電量を最大化する。年間総発電量30%アップも可能という。】
→ 過積載率1.6倍くらいならガンガンいっとけでありますが・・・。30%アップも可能って、それはまあそれなりにパネルを詰めば当然アップはするわけですが、きっとエクストリーム過積載止まりでしょう。ダブル過積載とか、トリプル過積載にも挑まれることはなさそうですね、30%アップということは。

太陽光パネルの中国インリー、タイに工場
2016年1月13日(水) 00時30分(タイ時間)
http://www.newsclip.be/article/2016/01/13/28009.html

【中国の太陽光発電パネルメーカー、インリー・グリーン・エナジー・ホールディング(英利緑色能源)は12日、テレビ番組製作などを手がけるタイ企業ディミーター・コーポレーションと合弁会社を設立し、タイで太陽光パネルを製造すると発表した。】
→ つぶれませんねぇ、某Y社さん。どっから¥が湧いてきているのやら。この一部も日本の・・・?

独立型自家消費太陽光発電、産業用オフグリッドシステム発売。
01/17 10:00
http://www.47news.jp/topics/prwire/2016/01/272645.html

【「オフグリッド」は慧通信技術工業の商標登録商標です(登録番号:第5748120号)。】
→ 「オフグリッド」が登録商標だとは知りませんでした・・・。あと、こちらの会社様のメールアドレスのドメインの「えっ?」であります。

採用したパネルのメーカーが破綻した場合、アフターの保証はどうなりますか?
<11回>パネルメーカーの破綻やパネル事業から撤退した場合における法律問題
2016/01/14 00:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/407251/010700006/

【投資効率も重要であるが、リスクは無視できない。目先の利益にとらわれず、長期間協力体制を築けるかという視点も重要である。】
→ 重要なのはようわかりますが、どうなるもこうなるも、まあそういうことですよね。Sから始まってPで終わる、株価の下落がシャープな会社だってどうなるかわからない今日このごろでありますし。

再生エネルギー倍増なら経済効果は1兆ドル超 国際機関試算
朝日新聞デジタル
投稿日: 2016年01月17日 15時05分 JST 更新: 2016年01月17日 15時05分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2016/01/17/energy_n_9001750.html

【風力や太陽光などを使った再生可能エネルギーの割合を倍増させると、2030年に世界で1兆3千億ドル(約152兆円)の経済効果を生み、経済成長を最大1・1%押し上げるとの試算を、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)がまとめた。】
→ 経済効果の数字というのはなんとも怪しげなものではありますが、大きな効果は期待できそうではあります・・・。が、油屋さんが困る分も、マイナスの効果として含まれているのでしょうか。

15年、世界で太陽光や風力伸びる 再生エネ投資が過去最高
2016.1.16 06:54
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/160116/cpd1601160500002-n1.htm

【中国や米国、インドなどで大きく伸びた。】
【太陽光や風力発電の価格競争力が向上し、石油や天然ガスの価格が大幅に下がる逆風の中でも前年を上回った。】
→ まあいろいろとアレな国とか、世界を巻き込んで自分の利益を再優先する国で大きく伸びているということになっているようではありますが、「逆風の中でも」というのは結構大きいかと思います。健全に「地球にやさしいオレたちの金儲けガー」をしたいものであります。

■ お知らせ(1)
弊社のロクテックあびこ発電所(通称「ねぎソーラー」)(パネル 37.2kW・パワコン 29.7 kW)の発電量(TIGO EnergyによるDC側発電量(パネル発電量合計値))は、いつでもこちらからご覧いただけます。実際の売電量はTIGO EnergyによるDC側発電量の90%前後です。また、「ねぎソーラー」の過去の売電量は弊社発電設備の発電実績からご覧いただけます。

■■ お知らせ(2)
当ブログの次回の情報交換会は、2016年1月30日(土曜日)の予定です。現在、5名様からご参加表明をいただいております。1月の次は2月の案外早い時期かもしれません(近日決定予定)。ご参加表明は弊社(「合同会社ロクテック」)について・連絡先に記載のメールアドレス宛のご参加表明とわかる件名の電子メールにでお願いいたします。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031