2016年こそエクストリーム過積載で収入最大化に挑む(8)

2016年こそエクストリーム過積載で収入最大化に挑む(7)の別バージョンということで、「エクストリームTNB×TBC」を想定してみました。

「エクストリームTBC」の9.9kW パワコンで、「南東向き設置」と、「南東・北西背中合わせ設置」との比較に挑んでみます。テーマは「もし某L社の78kWのキットがパネル倍増でパワコンの1入力回路に2並列をつなぎこんだら」(略して「もしパワ」)でありまして、260Wパネル12直列を想定しました。(ただし、コストは某L社のキットのお値段ではなく、これまで使用しているものと同じ、50kWシステム一式1,000万円 + パネル増量に16万円/kWです。)

某L社の78kWのキットは過積載率は160%超えませんから、某所の某氏による定義では「エクストリーム過積載」ではなく、「スーパー過積載」ではありますが、まあ、ほぼ「エクストリーム過積載」であります。これにパネル倍増だと過積載率300%超えの「トリプル過積載」であります。・・・、あくまでもネタで妄想でありますから、苦情とか保証云々の話はご遠慮ください。

パネルの傾斜角を「南東向き設置」は20度、「南東・北西背中合わせ設置」は10度としてみた場合、必要な土地はそれぞれ447坪と334坪、土地代を抜いた差額の回収年数は11年ほどとなりました。また、「南東向き設置」の傾斜角を10度とすると土地は必要な土地は計算上では279坪と少し小さくなりますが、総発電量も少し小さくなります。

それぞれの比較結果のサマリーのみを貼っておきます。あまり無茶なことをして某L社さんとか、某L社さんの代理店さんを困らせたりしないようにお願いします。あくまでもネタで妄想でありますから。

普通のスーパー過積載と背中合わせ詰め込みトリプル過積載の比較を想定(南東・北西背中合わせ10度約156kW vs 南東20度約78kW)サマリー

普通のスーパー過積載と背中合わせ詰め込みトリプル過積載の比較を想定(南東・北西背中合わせ10度約156kW vs 南東20度約78kW)サマリー

普通のスーパー過積載と背中合わせ詰め込みトリプル過積載の比較を想定(南東・北西背中合わせ10度約156kW vs 南東10度約78kW)サマリー

普通のスーパー過積載と背中合わせ詰め込みトリプル過積載の比較を想定(南東・北西背中合わせ10度約156kW vs 南東10度約78kW)サマリー

■ お知らせ(1)
弊社のロクテックあびこ発電所(通称「ねぎソーラー」)(パネル 37.2kW・パワコン 29.7 kW)の発電量(TIGO EnergyによるDC側発電量(パネル発電量合計値))は、いつでもこちらからご覧いただけます。実際の売電量はTIGO EnergyによるDC側発電量の90%前後です。また、「ねぎソーラー」の過去の売電量は弊社発電設備の発電実績からご覧いただけます。

■■ お知らせ(2)
当ブログの次回の情報交換会は、2016年1月30日(土曜日)の予定です。現在、6名様からご参加表明をいただいております。ご参加表明は弊社(「合同会社ロクテック」)について・連絡先に記載のメールアドレス宛のご参加表明とわかる件名の電子メールにでお願いいたします。なお、1月の次は2月の案外早い時期かもしれません(近日決定予定)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました