おすすめニュース35点盛り(電力会社の乗り換えはよく検討してからでいいんですよの巻)

再生可能エネルギーの電力は選べない? 4月の自由化、各社の家庭向けサービスを見てみたら…
朝日新聞社提供 | 執筆者: 重政紀元、神元敦司
投稿日: 2016年02月28日 16時46分 JST 更新: 2016年02月28日 16時46分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/28/electricity_n_9340272.html

【20~30社が再生エネ中心の供給を目指しているが、27日現在で同事務局の基準を満たし、一般家庭向けの送電を4月1日から始められるのは「水戸電力」(水戸市)=供給先は茨城県中心=、「みんな電力」(東京都世田谷区)=首都圏中心の9都県=、「Looop」(同文京区)=東電・中部電・関電管内=、「みやまスマートエネルギー」(福岡県みやま市)=九電管内=の4社だった。】
→ 4月1日から開始にこぎつけたこの4社はすごいと思います。あ、某L社さんも入っているのですね。

2016年02月28日 10:38
朝日新聞記事の“再エネ電力は選べないのか?”との質問への答えは、直ちに “No!”・・・
http://blogos.com/article/163488/

→ 上の記事に対する記事であります。確かに事実や現実が正しく伝わっていないところが多々ありますね。

進まぬ電源構成開示 電力自由化まであと1カ月
2016年3月1日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201603/CK2016030102000142.html

【日本では小規模な新電力にとって事務負担が増えることや、電源が違っても家庭に届く電気の質は変わらないため、経産省は「開示しなくても消費者に具体的な不利益はない」とし、罰則のない努力義務にとどめた。】
→ まあそうではありますが、税金がたくさんつっこまれているアレの電気をたくさん買っている(というか既存の電力会社と看板が違うだけの)会社さんなんぞが困るからという理由があるのかもしれませんね。

再生エネ税優遇、バイオマスや地熱発電も対象に 経産省
2016/3/12 23:51日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H4G_S6A310C1NN1000/

【バイオマス発電と地熱発電への投資額の30%について、通常より前倒しして費用として計上できる「前倒し償却(特別償却)」を認め、投資した年の法人税を減らせるようにす…】
→ バイオマスと地熱が対象になっていなかったのが意外でした。

①太陽光・風力の増加 → ②火力の収益悪化 → ③太陽光・風力に悪影響・・・という悪循環
投稿日: 2016年03月02日 11時26分 JST 更新: 2016年03月02日 13時27分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/kazuo-ishikawa/energy_b_9353500.html

→ 出力を上げたり下げたりという運転は火力発電の採算性を悪化させるわけでありますが、近々もっと顕在化してきそうでありますね、この問題。

2016年03月12日
東北6県、固定価格買い取り制度の導入以降に再生エネ187万kw増える
ただ全国に比べ低水準、経済効果は?
http://newswitch.jp/p/3924

【東北全体で再生エネ普及への機運が盛り上がっているが、専門家は「九州などに比べて導入が少ない」と指摘する。】
→ 制度上、そうなってしまうのは当然のなりゆきであります。熱い人達が殺到している地域では買取価格を下げるとか、そういった調整があってもよいのかもしれません。

太陽光参入 抑制ルール後、1万4000件断念
佐賀県内は760件
2016年03月10日 10時17分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/287520

【「発電抑制のインパクトは大きく、業界の委縮を招いている」と普及への懸念を示す。】
→ 膨張しすぎた業界が適切な大きさになるのは萎縮とは言わないように思います。いろいろな輩が各地の電力会社さんを困らせているみたいですし。

東日本大震災5年/上 変わらぬ省エネ後進県 /和歌山
毎日新聞2016年3月10日 地方版
http://mainichi.jp/articles/20160310/ddl/k30/040/426000c

【和歌山は世界有数の「CO2排出集団」と言えるかもしれない。】
→ そこまでネガティブな表現を使わなくても・・・と思います。

2016年2月28日
小規模発電の経営、軌道に 長野市の木質バイオマス
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20160228/CK2016022802000020.html

【県内の燃料用木材搬出量が七万~八万トンのところ、発電所の燃料に間伐材を年間一〇・五万トン利用する予定。必要な量を近隣から調達できない可能性がある。】
【「太陽光発電と違って、燃料の安定的な調達が課題。発電所が大きくなればなるほど遠くから燃料を集めてくる必要があり、地域の林業に合わせた最適規模で始めるのが望ましい」と指摘する。】
→ 仮に燃料を調達できたとしても、運ぶために自動車が沢山動けば「二酸化炭素ガー、温暖化ガー」と言われますね。地域で確保できる範囲でやるのがベストでありますね。

2016年03月11日 15時00分 更新
自然エネルギー:
風車や売電債権を担保に小型風力事業を推進、風況の良い青森で
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1603/11/news057.html

【ABLは企業が保有する動産や売掛債権などを担保として活用する融資方法。従来担保として利用されていない商品・機械などの動産の価値に着目することで、不動産や個人保証に過度に依存しない資金調達が可能となる仕組みだ。】
→ 資金調達は最大のネックの1つでありますゆえ、ぜひABLが仕組みの1つとして普及してほしいですね。

2016年03月10日 11時00分 更新
スマートエネルギーWeek 2016:
500基が一気に普及するか、20kWの風力
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1603/10/news047.html

【次に風力発電システムの立ち上げに要する費用を明確にした。】
→ これはわかりやすくていいですね。あとは風況のよい土地でありますが、この確保が最大のネックでありましょう。

2016年02月29日 07時00分 更新
ビルの外壁で太陽光発電、光害問題を解決して2017年商品化へ
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1602/29/news038.html

→ これは期待したいです。弊社が自社ビル(笑)を建てられるようになったときにはぜひ使いたいです。

TMEIC、国内最大級1667kWのパワコンを市場に投入
「ハイブリッド・クーリング方式」でエアコンレスを実現
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2016/03/02 17:05
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030200893/

→ 1,667 kWですかっ。超大型プロジェクト向けでありますね。

2016年02月29日 06時00分 更新
自動車なら最大7500台:
川崎汽船の新型運搬船は先進技術満載でスゴすぎる
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1602/29/news059.html

【最上部に敷き詰めた912枚の太陽光パネルは、4人家族の1日の消費電力の約6割に当たる150キロワットを発電。】
→ 単位がやや「?」でありますが、パネルの容量が150kWだと思われます。

2016年03月03日 18時00分 更新
スマートエネルギーWeek 2016:
「尺寸」を取り入れた太陽電池、京セラが新ブランドで展開へ
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1603/03/news124.html

【太陽電池モジュールだけでも、発想を変えればまだまだやれることがあると考えている。】
→ ぜひ魅力的なお値段でお願いいたします。

2016.3.4 07:04
世界最大級の蓄電池稼働 九電、需給バランスの改善図る
http://www.sankei.com/region/news/160304/rgn1603040032-n1.html

【九電の担当者は「(需給バランスの)劇的な改善ができるわけではないが、調整する手段として、効率的な運用方法を検証したい」と語った。】
→ こちら側よりも、やはり「アレ」がベースロード電源なるものな「あちら側」がいいなあという雰囲気を感じます。

コネクターが腐食、原因は「野ざらしで長期保管」
ケミトックス 第5回
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2016/03/03 00:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/302961/022600014/

【納品後、梱包材の上を、ブルーシートと呼ばれる樹脂製シートで覆った状態で、長い期間、野外に置いていた】
→ 「長い間」というのがよろしくないわけですが、こういう保管をしている現場、結構ありますね。

越水招いた太陽光発電施設 パネル復活 営農できぬ 心情逆なで 水害半年、茨城県常総市 (2016/3/10)
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=36564

【「農地も家も元通りになっていない、堤防も建設が始まっていない中で、パネルだけが再設置される。被災者の感情を無視している」と憤る。水害の再発を恐れ、地区から引っ越した住民も出てきた。 】
→ 固定価格での買取期間は20年間だから早く再設置して売電しないと売電収入ガーということなのでしょうけれども、近隣を敵に回してまで進めてもいいことはないような気がしますが・・・。やはり資本主義だからでしょうか。

太陽光施設、文化財も破壊 業者「手続き怠った」 愛知
2016年3月13日01時11分
http://www.asahi.com/articles/ASJ3C6D11J3COIPE02C.html

【事後的な届け出と、開発で露出した大平窯跡などの現状調査を求める方針だ。】
→ なんだか手ぬるいように思えてならないです。今から届け出して、調査しましたでおしまいなのでしょうか。やった者勝ちになっているような気がいたしますが・・・。

メガソーラー窃盗
銅製ケーブル被害多発 組織ぐるみか
毎日新聞2016年2月28日 09時30分(最終更新 2月28日 09時30分)
http://mainichi.jp/articles/20160228/k00/00m/040/137000c

【このメガソーラーは3日後、施主に引き渡される予定だった。】
→ いわゆる減税(正確には税金の支払い先延ばし)狙いだと、結構厳しいタイミングでありますね。

【業界団体「太陽光発電協会」(東京)は「事業者はコストとの兼ね合いも考えて対策を進めてほしい」と呼びかける。】
→ コメントになっているようななっていないようなコメントが、いかにもJPEAな感じでありますね。

2016年3月1日 08時54分
太陽光工事で所得隠し 東海市の会社、1億1000万円
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016030190085432.html

【信用調査会社などによると、同社は10年設立。住宅用の太陽光発電設備が主力だが、近年は大規模太陽光発電所(メガソーラー)も受注。】
【国税当局は、太陽光関連の業界への税務調査を強化しているもようだ。】
→ 1億くらい、ほいさっさと500kWくらいの高圧連系の発電設備を作って即時償却やっちまえばよかったのではありませんかと思うわけですが、それはさておき、予定通り税務署さんが動いているみたいですから、特に目立つこと(いろいろな意味で)をされている方はご注意されたほうがよいかと思います。

批判したら訴えられた…言論封じ「スラップ訴訟」相次ぐ
2016年3月7日11時21分
http://www.asahi.com/articles/ASJ3652LRJ36UTIL00H.html

【パネルを設置した市内の建設会社から6千万円の損害賠償を求める訴訟を起こされた。】
→ どう考えても、6,000万円の損害があるようには思えないのでありますが・・・。

太陽光発電施設 規制強化求める声相次ぐ
(山梨県)
[ 3/7 19:24 山梨放送]
http://www.news24.jp/nnn/news8887572.html

【ガイドラインは太陽光発電施設設置で災害や景観、環境に影響が生じないよう県が去年11月に策定していた。ただ「事前に市町村や住民理解を得る」とした、ルールが徹底されず、北杜市では反対運動に発展するトラブルも起きている。
こうした状況を受け県議会の委員会では、違反があってもペナルティがないガイドラインの不備が指摘され、条例化などで規制の強化を求める声が相次いだ。】
→ 罰則がなければ、守らない輩が一定数現れるのは当然のことであります。罰則があっても守らない輩もいるようですが。

市原・つくば市長
太陽光建設中止「根気強く要請」 /茨城
毎日新聞2016年3月9日 地方版
http://mainichi.jp/articles/20160309/ddl/k08/010/185000c

【(水郷筑波国定公園区域外で建設を進める)業者に根気強く中止を要請していく】
→ 実際に根気強くやるのは末端の職員の方だと思うのですが、武器がないのに「根気強く」やれというのは、上司からのパワハラのようなものにならないのかちょっと心配であます。

太陽光発電施設
県が指針策定へ /茨城
毎日新聞2016年3月4日 地方版
http://mainichi.jp/articles/20160304/ddl/k08/010/087000c

【県環境政策課によると、ガイドラインの内容や策定時期は未定。他県では山梨が実施しているという。】
→ めんどくさい内容でなければよいのですが。

藤本健のソーラーリポート
第2号の太陽光発電所、毎日順調に発電中! その3
by 藤本 健
(2016/3/4 07:00)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/solar/20160304_746540.html

【当初は営業担当まで話は降りておらず「そんな話は聞いていないし、】
【価格もそのままでOKという返事を得られたのだ。】
【エコスタイル側からの連絡でエコスタイル側はここで利益をとるつもりはないので32円+2円=34円でいい、という連絡を受けた。】
→ 良くも悪くも「エコスタイルスタイル(笑)」であります。そろそろ弊社の甲府盆地の南の果てで挑んでいる「エコスタイルスタイル(笑)」もブログ記事に・・・?

【実は勢い余って第3号発電所の計画もスタートさせてしまった。が、こちらは契約の段階から大トラブルだらけ……。】
→ いわゆる比較サイト系で、怪しげな・・・とか?

パネルの下に「雨どい」、雨水処理に万全を期す兵庫・三田のメガソーラー
直流1000Vでシステムを構成、導入・運用コストを抑える
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2016/03/01 00:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/302960/022900026/

【雨水や土砂の流出への対策では、珍しい手法を採用している。太陽光パネルの最低部に「雨どい」を設け、雨水による地面の浸食を抑えている】
→ 弊社も甲府盆地の南の果てで検討をしてみたいと思います。泥水流してはよろしくありませんね。

京成電鉄が「ちはら台駅」北側にメガソーラー
EPCサービスはシャープが担当
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2016/03/02 16:09
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030200890/

→ 駅の近くの線路沿いでメガソーラーですか、ということはよほどニーズのない土地、ということだったのでしょうか。

2016/03/04 10:30
米ディズニーランドに巨大「ネズミ型」太陽光パネルが出現.
http://forbesjapan.com/articles/detail/11429

【8万平方メートルの敷地に、4万8,000個の発電パネルが設置され、】
→ 1枚250Wとすると、12 MWですか。8 haで12MWというと、あまり敷地は無駄にせずにパネルはしっかり敷いたという感じでありますね。

ソバと太陽光を分け合う沼田のメガソーラー
「藤棚式」架台に100Wパネルを1万枚設置
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2016/03/10 00:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/355120/030900004/

→ ソーラーシェアリングのメガソーラーであります。規模が大きいと夢も広がりますね。

営農型メガソーラー
農業と太陽光発電を両立 国内最大級、北栄に完成 /鳥取
毎日新聞2016年3月13日 地方版
http://mainichi.jp/articles/20160313/ddl/k31/020/285000c

【パネルの下では11万本の常緑キリンソウを栽培。屋上緑化などに使われる植物】
→ 芝を下に育てるソーラーシェアリングもありなのですね。

「再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)における平成28年度新規参入者向け調達価格等に対する意見」を経産省に提出
2016年3月 8日 13:57
http://www.jcci.or.jp/news/2016/0308135726.html

【安全が確認された原子力発電所の運転再開にあわせて、FIT制度の更なる見直しや平成28年度調達価格の水準引き下げが必要との基本的考え方を示した。そのうえで、具体的項目として、今後の価格低減ポテンシャルや内部収益率の引き下げを織り込んだ調達価格等の算定、内部収益率を上乗せしている「供給量勘案上乗せ措置」の効果の検証・見直し等を通じた国民負担の抑制を求めた。】
→ 電力料金の安さと、電力の安定は産業の基本でありますから、大事なことでありますね。原発運転再開はちょっとどうかと思いますが、無駄なバブルを煽るような高い買取価格やそれによる国民負担については徹底的に検証が必要でありますね。

原発事故で負担軽減論=電事連、上限設定求める-「虫が良すぎ」批判強く
(2016/03/11-07:51)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016031100119&g=soc

【電力会社でつくる電気事業連合会は、再び事故が起きれば各社が原発事業を続けるのは難しいと主張し、負担額に上限を設けるよう求めている。】
→ 難しいことを無理になさらなくてもと思うわけですが・・・、あれ、原子力発電って発電コストが安いとPRされていたような気がしますが。

インドの太陽光設備市場、2016年は4GW以上で2倍に急成長
大場 淳一=日経BPクリーンテック研究所
2016/03/10 17:54
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/031001019/

【買取価格が5ルピー(同8.45円)を下回るプロジェクトは、施工コストが5000万ルピー(同8450万円)以下でない限り、「極めて事業リスクが高いと考えられ、資金調達も難しい」(Prabhu氏)という。】
→ おそらく 1 kWhあたり8.45円、施工コストは1 MW あたり8,450万円ということかなと思います。土地代やら連系費用やら付帯費用やらを含めて検討すると、「日本だと、24円/kWhだから24万円/kW以下でないと」と読み替えることができそうであります。

対北制裁、電力問題を乗り越える…平壌のバスに太陽光パネル
2016年03月08日16時24分
http://japanese.joins.com/article/970/212970.html?servcode=500&sectcode=500

【「太陽光エネルギーで電気を生産する全過程がコンピューターで統合調整される発電体系も開発した」と報じた。】
→ こう書くと、結構すごそうであります。

【金第1書記は自然エネルギーの礼賛論者だ。】
→ 意外なイメージでありますね。ところで、第二書記とか第三書記というポジションもあるのでしょうか。

■ お知らせ(1)
弊社のロクテックあびこ発電所(通称「ねぎソーラー」)(パネル 37.2kW・パワコン 29.7 kW)の発電量(TIGO EnergyによるDC側発電量(パネル発電量合計値))は、いつでもこちらからご覧いただけます。実際の売電量はTIGO EnergyによるDC側発電量の90%前後です。また、「ねぎソーラー」の過去の売電量は弊社発電設備の発電実績からご覧いただけます。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で業者さんはご選定ください。

■■■ お知らせ(3)
次回の情報交換会の開催予定は、3月中旬から下旬は当ブログ主がそれどころではない多忙で、3月末は世の中も慌ただしいので、全く未定であります。きっと4月になればきっと大丈夫・・・と思っております。情報交換会の開催予定など、当ブログからのお知らせは当ブログの「メルマガのようなもの」でお届けしております。個別に開催のご案内のメールさせていただくのは大変恐縮なので、「メルマガのようなもの」に自由にご登録いただいて、開催予定をお待ちください。(ご不要になりましたら自由に解除していただくことができます。) 一方的に広告メールを送り付けたりはいたしませんので、当ブログはたまにしか見ないけど情報交換会には興味があるという方におすすめであります。

■■■■ お知らせ(4)
弊社の仮称「なしソーラー 1号」「なしソーラー 2号」の近くで、売却を検討されている土地があるとお伺いをしております。宅地化されている地域なので決してお安いお値段ではなく、また、建物の影もありますので、使える面積はさほど大きくありません。これから設備認定を取るとなると24円案件ですので、収益面ではちょっと苦しいかなとも思われますので、利回り重視、投資と割り切っている方にはちょっとおすすめはできません。
・・・が、太陽光発電の世界(?)ではあまりメジャーとは言えない「甲府盆地の南の果て」「弊社の太陽光発電設備の近く」「最寄り駅から徒歩15分、電車で会いにいけるソーラー」「宅地に近いほうが安心かも」「24円でも高利回りでなくても」という方には検討できる、かもしれません(やや弱気)。ご関心のある方は電子メールで「甲府盆地の南の果ての駅徒歩15分の土地」を文字列を件名に含めた電子メールでお問い合わせください。お問い合わせがあまりに多数の場合には、お問い合わせをいただいた方が無駄足・無駄骨にならないように、弊社である程度、交通整理をさせていただければと思います。
よくありそうな質問に回答→「電柱は敷地の南側にあります・連系費用はとんでもない金額になることはないと思います」「大きさは300坪程度ですが建物などの影になる場所があるので、パネルの容量は無難に攻めるなら50kW・影にも気合で挑むなら65kWくらい」「当ブログ主も近くなので他で広げるよりはという気持ちはあるのですが先立つモノが微妙なので他にご希望の方があればご紹介できるかもしれません」「価格はこれから交渉ですが宅地化されている地域なので太陽光の土地としてはかなり高めになるのではと思います」

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031