経済産業省関東経済産業局新エネルギー対策課からお手紙がキタ

弊社の4・5設備目の土地についてであります。

「お早目の対応」をお願いされたので、郵便が弊社に届いた当日にお返事(といっても紙を2枚)をポンとポストに投函しましたが、さてどうなることやらであります。

実現できても、5年後の連系なわけであります。4・5設備目ではなく、5・6設備目か、6・7設備目になるかもしれません。

5年後まで何もというのもちょっとアレ(どれ?)なので、某中古物件(36円)に現金で挑むとか、某「ちょっと時間がかかります」物件(32円)のために資金を貯めておくとか、それとも「甲府盆地の南の果て」で土地がお安くなればこれから挑む(24円)とかが、悩ましいところではあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました