相変わらず過積載とかパネルの間隔とか

相変わらずよくいただくお問い合わせがコレであります。パワコン容量に対して何倍までパネルをつないでいいんだとか、高さに対して間隔は何倍とらないといけないのかとか。「過積載はパワコン容量の何倍」「間隔は高さの何倍」とあっさり言えてしまうと楽ちんなことこの上ないのですが、話はそう簡単ではありませんが、中にはお電話一本で答えをくれとお問い合わせをされてこられるような方もいらっしゃるわけでありますが、場所とか、土地の余り具合とか、パネルを増量することでかかる費用とかによって異なるわけであります。

土地がふんだんに余っていれば、たっぷり間隔を取るのがよいわけでありますし、パネルを増量するコストがとてもチープであればパワコンが許してくれる限りガンガンパネルを増量したほうがいいことは言うまでもありません。また。おいしい買い取り単価のいわゆる「権利」をお持ちの方であれば、少々効率が落ちても、詰め込んだほうがよさそうでもあります。何かを警戒されているのかもしれませんが(?)、いきなり電話一本で情報を小出しで、俺の¥の最大化のために(笑)正確な回答をよこせ、なんていうのは無理筋であります。あ、たくさんある「権利」のうち1つあげるから教えて、というのであればがんばりますが。

いちおうの過積載&詰め込みの目安であります。

  • 弊社「ねぎソーラー」(千葉県我孫子市)くらいの日射量
  • パネル増量にかかるコストが16万円/kWくらい(架台とか配線とか工事費も含む)
  • 土地はあまり余裕はないのでなるべく詰めたい

であれば、

  • 過積載率は1.6倍から1.8倍あたりとすると、利回りはいちばんよさそうです。(しかし、それをちょっと超えたからといって利回りが急降下する性質のものではありませんから、架台の収まりとか、ストリング構成とかパワコンの入力回路の数などできりのいいところで。)
  • 間隔を詰める話では、結晶系のパネルの横置きの場合、高さに対して1.8倍よりも詰めると発電量の低下がより大きくなりはじめます。(なので、これ以上詰めることについては慎重に採算を検討する必要があるでしょう。土地にあまり余裕がない場合には1.8倍くらいでとりあえず配置案を考えてみて、あと少し詰めるとパネルがたくさん入るのにといった場合に必要に応じて間隔を調整する感じがよいのではと思います。2.3倍とか2.4倍あけると冬至でも昼間6時間は影がかからないわけでありますが、これは土地が十分にある場合には推奨できる間隔であります。)
  • かなりの詰め込みに挑む場合にはより影が短くなる小さめのパネル傾斜角がおすすめであります。10度とかですね。(究極的には0度でありますが、それなりに傾斜角はつけておかないと別の問題もありますからそういった部分も考慮しつつつであります。)
  • 「影の影響は覚悟して相当に詰め込んで」ということであれば、どこぞの大手さんが言っていたM開脚(じゃないよ)みたいなやり方もありであります。(「半数を東向き・半数を西向き」とか「半数を北向き・半数を南向き」で背中合わせというか向かい合わせ、パネルの傾斜角10度で設置すると、適切なパワコン選び・ストリング構成が大前提でありますが全体としては真南向き設置の9割程度の発電量は確保できるのではと思います。採算に合うかどうかはコスト次第でありますが。ただし近隣への反射光の影響は要注意であります。)

と、こんなふんわりした結論でありますね。利回りを最大化させるのか、それとも利回りは多少下がっても収入を最大化したいかによっても変わってくるわけで、これの件だけでご飯が3杯はいけそうであります。

そのうち詰め込み&過積載の「やってみた」シミュレーションをして記事にしてみたいと思います。といいますか、一度、壮大なシミュレーションをしようとしたら重すぎてパソコンがフリーズしてしまったというのはここだけの話であります。詰め込みだけとか、過積載だけなら問題なかったのでありますが。

■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量弊社発電設備の紹介から、過去の実績は弊社発電設備の発電実績 から、それぞれご覧いただけます。無線LANとかインターネットが不調だったりすることもありますが現在、鋭意対応中であります。(「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量に換算される場合には0.9くらいをかけてください。)

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたりなどなど、引きの弱さは自信がありますので、信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しない・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの)や、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは、「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。どうかみなさまにおかれましては、利回りや価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■■ お知らせ(4)
次回の情報交換会(第19回 情報交換会 (2016年・夏の合併特大号) )は、7月27日(水曜日) 19:15からと決めました。ご参加表明の締め切りは過ぎましたが、少しなら人数を増やせるかな、であります。ご参加表明・お問い合わせは弊社(「合同会社ロクテック」)について・連絡先に記載のメールアドレス宛の、情報交換会へのご参加表明・お問い合わせとわかる件名の電子メールでお願いいたします。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました