なんとかスタイルなオークションでの「土地付き太陽光」販売

いろいろと一部では話題のなんとかスタイルさんがオークションで「土地付き太陽光」の販売を始められているようであります。土地代なのに「土地付き太陽光」とか、土地代抜きで利回りを計算しているような業者さんもいるようですが、なんとかスタイルさんは土地代がきちんと入っている(土地が賃借の物件は想定売電収入から土地賃料を引いて利回りを計算している)ので、「土地付き」の言葉には偽りはありません。造成費用とかは別なわけでありますし、結構はちゃめちゃスタイルだったりもするわけですが。

こんな値段でだれが買うんだろうなあという気もしないのですが、販売価格にはヤフオク税も含まれているわけでしょうから、まあいろいろとアレですがここで売ることが目的なのではなく、話題作りかもしれません。

当ブログ主としては、当ブログ主のヤフーカードのショッピング枠が2,000万円になって、ポイント40倍キャンペーンでもあったら考えます。考えるだけ。ソフトバンクホークス優勝セールにでも期待しましょう。

なんとかスタイルさんの土地付きで回収年数12年(初年度の想定売電収入で計算)な物件だとどんな収益になるかを極めてざっくり計算してみましょう。売上や利益にかかる税金、すなわち所得税・法人税や事業税は計算には入れていません。最後の手残りからさらにこれらを払わねばならないということを忘れてはいけません。まあ、忘れていてもたぶん取り立てには来てくれますが。

(A) 初期投資: 2,400万円(設備1,800万円・土地600万円)
(B) 初年度想定売電収入の200万円(A)÷12年)
(C) 20年間の総想定売電収入3,600万円((B)×20年×経年劣化で平均90%の売電収入)

(D) 土地の固定資産税20年間で20万円
(E) 設備の償却資産税20年間で180万円
(F) 見回りとか草刈りとかいろいろしっかりやってその他雑多なコスト毎月2万円として20年間480万円

(G) 20年後の手残り520万円((C)-(A)-(D)-(E)-(F))

(H) 表面とか単純じゃない利回り 1.1% ((G)÷20÷(A)) ※ここにさらに利益に対する税金がかかります

(C)の20年間の総収入や(F)のコスト次第で結果は変わってはきますが、仮に(C)の経年劣化や(F)の雑多なコストが半分だとしても、(G)は960万円、「表面とか単純じゃない利回り」は2.0%でありまして、発電「事業」としてはスジがあまりよくなさそうであります。

設備1,800万円を15年間のローンとすると、金利が300万円ほどでありましょうか。その場合、

(A) 初期投資: 600万円
(G) 20年後の手残り220万円((C)-(A)-(D)-(E)-(F)-金利300万円)
(H) 表面とか単純じゃない利回り 1.7% ((G)÷20÷(A)) ※ここにさらに利益に対する税金がかかります

上の例と同様に(C)の経年劣化や(F)の雑多なコストが半分だとすると、(G)は5.5%となります。維持管理のコストダウンをしながら、長くいいパフォーマンスが出るように祈って、借り入れでレバレッジを効かせてようやくなんとか、というレベルでありましょうか。さもなくば、「事業」ではなく、あちらさんとかこちらさんの「養分」になってしまっているような気もするわけであります。

不動産投資や太陽光発電でもよく使われる表面(単純)利回りはもちろん比較の際の目安にはなるわけですか、各種税金やコストもふまえて、収益性を見極めたいものでありますが、土地代が600万円というのは出口がある場合を除けば相当に厳しいのではと思うわけです。

■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量弊社発電設備の紹介から、過去の実績は弊社発電設備の発電実績 から、それぞれご覧いただけます。無線LANとかインターネットが不調だったりしますが、なんとか再開いたしました。2ヶ月草刈りをさぼると、背丈よりも高い雑草が繁茂して大変でありまして発電量にも悪影響でありました。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたりなどなど、引きの弱さは自信がありますので、信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しない・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの)や、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは、「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。どうかみなさまにおかれましては、利回りや価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました