相変わらず多い分譲物件購入絡みなご相談ですが (1)

資本主義ですから、売り主がいくらで値付けしようが勝手でありますし、買い手が納得して買う分には何も問題はないわけであります。

で、「買い手が納得して買う」な部分ですが、本来は「コスト」「リターン」を総合的に判断することが大事なわけであります。これはあらゆるお買い物について同様でありますね。

「コスト」には初期投資に限らず将来の管理コストだったり、税金だったり、いろいろなリスクに対応する費用が含まれるわけであります。昨今「利回り10%出れば、10年でコストは回収して、残りの10年は左うちわでウマウマでしょ」というお考えの方が相変わらずいらっしゃるように思えますが、表面とか単純な利回りでありまして目安でしかありません。そんなウマウマな話はそう転がっているわけではありませんのでご注意ください。

「初期投資」と「初年度の想定売電収入」だけでではなく、「借入金の利息」「管理コスト」「税金」「撤去費用」などなどもきちんと踏まえて、収益・キャッシュフローをしっかりと計算をして購入を検討されることをおすすめいたします。結構大きな「借入金の利息」、現地へ見に行ったり雑草対策だったりの「管理コスト」、土地や設備を持っているだけでかかる「固定資産税」、そして最後の「撤去費用」は結構大きいのではと思います。もちろん、売上(電気供給業なので売上に対しても税金がかかります)や利益にかかる税金も無視できません。消費税もきちんと納税であります。

また、「20年間の安定収入」は、きちんとした維持管理が大前提です。管理はどこかに丸投げでいいでしょと思われている方も少なくないようです。もちろんプロの道具を持っている業者さんに委託するのは合理的です。しかしながら、20年後までずーっと管理を本当に丸投げできるのかと考えるとかなり「?」であります。20年続く会社、20年続く契約関係というのはそう多くなかったりもします。当ブログ主としては「いつまでもあると思うな管理会社」「最後は自己責任」と思っております。委託をするとしても、その委託先に何かがあったときには自分でする、自分で他の委託先を探す、その心づもりはしておかねばなりません。

「初年度の想定売電収入」は想定でしかありません。だれかさんの願望的想定あるいは妄想、ファンタジーのレベルだったりもすることもあるわけで、これが妥当なものなのかも自己責任で確認をしてから想定される「リターン」を踏まえて購入の検討をしたいものであります。

20年もの間、売電収入でちまちま収穫する発電事業者よりも、1,xxx万円で下請けが作ったものを2,xxx万円でえいっと売って利益確定、こちらのほうがウマウマそうではあります。こちらの筋の方々もそれなりに苦労はあるようではありますが。やはり資本主義であります。

■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量・過去の実績弊社発電設備の発電実績 から、ご覧いただけます。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量(AC側)に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信がありますので、信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しない・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■■ お知らせ(4)
第21回の情報交換会は、11月下旬に「12月の存在と年もさっぱり忘れる会」という感じでどうでしょうかと思っておりましたが、各方面のスケジュール次第では10月の下旬あたりから当ブログ主がどこにいるのか「?」な状態なので、えいっとどこかのタイミングで日程を決めてさっぱりいろいろと忘れてしまいたいと思います。12月はきっとみなさん、お忙しくて、年を忘れる前に、こんな場末のブログの忘年会のことを忘れられてしまいそうでありますし、長居もできないでしょうから、なるべくお早めにと考えております。ご意見・ご要望をお待ちしております。

■■■■■ お知らせ(5)

せっかくなので、このあたりにもランキングのバナーを置いてみました。当ブログのような泡沫ブログでないブログへのリンクがたくさんありますよ。(といってクリックを促してみたり。)

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました