おすすめニュース28点盛り(そういえばもうすぐ1月もおしまいですよの巻)

2017年01月27日 07時00分 更新
自然エネルギー:
「改正FIT法」の施行日が迫る、買取制度に大きな変化
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1701/27/news027.html

【現行の発電設備を認定する制度から、今後は発電事業の計画全体を認定する方法になる。発電設備の設計・施工に関する情報に加えて、運転開始後の保守点検や運転終了後の撤去を含めた事業計画を申請時に提出しなくてはならない(図4)。】
【事業計画の策定は新規の認定案件だけではなく、すでに認定を取得した発電設備に対しても義務づけられる。運転中の発電設備であっても事業計画の提出が必要になる。もし新制度の施行日から6カ月以内、つまり9月30日までに事業計画を提出しない場合には認定が取り消されてしまう。】
→ ということで、旧制度での認定の発電設備をお持ちの方は忘れずに、事業計画を提出いたしましょう。

2017年01月18日 07時00分 更新
太陽光:
O&M事業者が知っておかないとマズイ「改正FIT法」のポイント
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1701/18/news048.html

【従って、査察によって今現在運転されている太陽光モジュールが、あまりにも適合基準とかけはなれていると判断された場合、運転停止や認定取り消し、モジュール撤去の命令が出る可能性があるのです。】
→ 「モジュール」の「適合基準」ってなんじゃらほいという感じではありますが、ちゃんとやらんといろいろとお上から厳しいご指示をいただくことになるから、ちゃんとやれよということでありますね。

太陽光の接続申し込みは67.5GW、「17GW分失効も」、経産省が公表
金子憲治=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/26 18:56
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/012605976/

【経産省では、新認定制度に移行した案件を、同省が完全に把握できるのは、稼働済み案件の移行手続きなどが完了する2017年9月になるとしている。】
→ 2か月以上かけて、低圧の設備認定のシステムをゆるゆると改修している暇があるなら、「完全に把握」できるように全部まとめてシステム化すればいいのにと思いますが、どうせまたそのへんも利権とかがあるんでしょう、きっと。

環境省、廃棄物処分場への太陽光導入を推進、ガイドライン作成へ
導入ポテンシャルは全国で7GW超と推計
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/19 15:27
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/011905886/

→ 土地の有効活用という点ではよさげでありますが、処分場で太陽光というとどうも組織の方々の影も・・・。

2017年01月25日 13時00分 更新
蓄電・発電機器:
火力より安価、太陽光+大型蓄電池
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1701/25/news052.html

【これを解決するのが再生可能エネルギーだ。ただし、離島ならではの工夫が必要となる。制約条件が厳しい中、KIUCはカウアイ島の電力供給において、次のような5つの目標を掲げている。
住民が支払う電気料金を平均して10%引き下げること
2023年までに50%以上の電力を再生可能エネルギーから得ること
2023年時点に二酸化炭素排出量を1990年時点よりも引き下げること
信頼性を維持しながら、管理可能原価(controllable cost)の増加をインフレ水準よりも抑えること
蓄エネルギー技術において先導者となること】
→ アンビシャスではありますが、十分現実的な内容であると思います。

コスト最安水準の800MWメガソーラー、ドバイで着工
発電コスト2.99セント/kWhで受注獲得
大場 淳一=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/21 00:45
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/012005904/

→ 2.99セントということは3円ちょいでありますね。ドバイというと、Yes!某クリニックなイメージでありますが、Yes!ソーラーでありましょうか。

メガソーラーの発電コスト、「3~12セント/kWhまで下落へ」
アブダビの国際会議でIRENAのアナリストが見通し
大場 淳一=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/25 15:37
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/012505952/

【「2.9セント/kWh は好ましい方向だが、2.4セント/kWhといった価格は、(太陽光パネルメーカーにとって)持続可能ではない。】
→ 2.9セントでも結構厳しいのではという気もしますが、調達・施工コスト次第でありましょうか。

蘭企業が7.5MWのメガソーラー、アフリカの途上国ブルンジに
オバマ前大統領による「パワー・アフリカ」イニシアチブの一環
大場 淳一=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/23 20:55
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/012305923/

【18日にムブガで開催された起工式には、ブルンジ政府の関係者や国外の投資事業者、宗教関係の指導者や外交官が出席した。地元からも2500人が参加し、太鼓の演奏などで式典を盛り上げたという。】
→ 盛大でありますね。

Solar power in Kitui: County signs deal with Japanese firm loop on solar energy
http://ntv.nation.co.ke/news/national/2725528-3786622-format-xhtml-15if5p3z/index.html

【Kitui will be the First County in Kenya to sign a solar power agreement with a Japanese Company, going by remarks from Loop Incorporated】
→ 英語の単語にはない社名でありますから、惜しい、oが一つ抜けていました。この案件、うまくいけば採算はアリだと思うのでありますが、果たしてうまくくいくのでありましょうか。この手の話はなかなか簡単ではない国ように感じるのでありますが・・・。

広告特集「太陽光投資」
2017/01/20
(PR)太陽光投資の業者
長いお付き合いだからこそ 良い太陽光投資の選び方
https://zuuonline.com/archives/136787

【太陽光発電投資に熟知した専門業者】【顧客のニーズを忠実に反映することができ】【産業用太陽光発電設備の設備認定システムは複雑で時間がかかる】【良質のパワーコンディショナかどうかの判定は、やはりある程度のキャリアが必要】【各種保証体制がしっかりしている業者】
→ どこのなんとかスタイルさんでありましょうか。えっ、熟知? ニーズ? 設備認定システムが複雑? パワコンの判定にキャリア? ゲホゲホゲホ。

住宅太陽光の満足度、1位は東芝、国内メーカーが上位占める
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/20 14:51
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/012005894/

【住宅用太陽光発電システムのメーカー別の満足度では、「大変満足」や「満足」という回答を得た割合で、東芝が1位となり、2位が京セラ、3位がパナソニック、4位がシャープ、5位が三菱電機と続いた。】
→ 1人で2つも3つも買うわけではないものでありまして満足度の比較というのは簡単なものではないように思えますが、統計的に有意な差だったのかがちょっと気になるところであります。

2017年1月20日
市民団体、計画中止求め署名 志摩の太陽光発電開発
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20170120/CK2017012002000025.html

【「樹木を伐採すれば、濁水が海に流れ込む。そうなれば養殖しているカキが死滅しかねない」と危機感を募らせ「山を削ってまで造る必要があるのか」と訴える。】
【登記簿によると、東京都の太陽光発電事業者が昨年十一月に計画地を買い取った。】
→ 普通にやれば海には影響が出ると思いますが、今後に注目でありましょうか。

メガソーラー設置は許可制に 大津市素案、近隣トラブル回避へ
【 2017年01月22日 09時15分 】
http://kyoto-np.co.jp/top/article/20170122000018

【素案によると、規制対象は、事業用地面積が500平方メートル以上か、高さ5メートルを超える規模で、地面に設置する施設。】
【市内の歴史的風土特別保存地区を「禁止区域」とし、国定公園や風致地区、土砂災害特別警戒区域などを「抑制区域」に指定する。】
【抑制区域内に設置する場合は、「地域住民との合意形成」を許可要件とする。】
【その他の区域に設置する場合でも、住民との合意までは求めないが、設置前の説明は義務付ける。】
【施設の安全性を担保するため、雨水や排水対応、地盤など、都市計画法や建築基準法、宅地造成規制法に準じる措置を求める。】
【景観面ではパネルの色は黒や濃紺などとし、公共空間から見えないよう、樹木などで目隠しするよう義務付ける。】
→ 合意や安全性に係る措置はわかるのではありますが、「公共空間から目隠しをするように義務付けるけど、パネルの色は黒や濃紺にしろ」というのは厳しすぎるような気もいたします。目隠しするならちょっとくらい青くてもいいじゃないかと思いますし、色を変えるとなると設備認定でのパネルのメーカーや種類の変更とも影響をするわけで、「すでに土地を持っていて、どうしてもやりたい人」以外はよそでやってくださいというメッセージなのかもしれません。

メガソーラー規制、栃木県に要望 県内4市長
1月26日 朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20170126/2582408

→ どの程度の規模が規制の対象になるか次第ではありますが、50kW未満も対象になるのか、それとも・・・? 低圧敷地分割とか低圧敷地分割のようなものに挑まれているような方は特に要注意でありましょう。

太陽光発電施設乱開発抑制へ 原村南原区
2017年1月26日 6時00分
http://www.nagano-np.co.jp/articles/12868

【協定では、区面積の約8割を事業用太陽光発電施設(野立、10キロワット以上)が設置できないエリアとして指定。事業開始時は、区内全戸の同意を得た上で区役員に工事および事業開始の承諾を得るよう求めている。水質や土壌汚染、騒音、悪臭などの公害が懸念される開発行為についても同様の制約を設けた。土地の賃貸借や譲渡に関しては、用途目的を区に報告し、承諾を得るよう求めている。】
→ 結構厳しい内容であります。

建設計画白紙に 富士見町境のメガソーラー
2017年1月24日 6時00分
http://www.nagano-np.co.jp/articles/12796

【約28ヘクタールに24メガワット級の大規模太陽光発電施設を建設する計画】
→ 36円か32円あたりの計画でありましょうか。年間9億円とか10億円の売電収入がぁ、でありますね。

京都・南山城村メガソーラー計画、影響配慮で一部変更
【 2017年01月24日 08時58分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170124000016

【景観悪化やパネルからの反射光などの影響を抑えるため、開発区域を国道163号からさらに北へずらすとしている。28日に南山城村で住民説明会が行われる。
新しい林地開発計画書によると、同村の北大河原などの開発区域を旧計画より約4ヘクタール狭い約72ヘクタールとし、全体的に約110メートル北へずらす。】
→ 110メートルはかなり大きな距離ではありますが、さてどうなりますことやらです。

2017.1.20 11:16
5千万円脱税容疑の弁護士ら3人逮捕、株式売却益3億4千万円隠す 大阪地検
http://www.sankei.com/west/news/170120/wst1701200034-n1.html

【武田容疑者が実質経営する太陽光発電関連会社の株式を譲渡して、平成26年分の所得が約3億4千万円あったにもかかわらず、架空の損失を計上】
→ 平成26年といえばイケイケがイケイケしていたあの時期でありまして、そんな時期に大きな損失というのは、反面調査をかければあっさりとわかるものであります。弁護士ですか、社会正義なんてもっともらしいことを言うのをやめて「金を払ってくれる客のために、法律をこねくり回してなんでもする、法律ヤクザみたいなものです」と日弁連も宣言したほうがいいのではないでしょうか。

太陽光発電の悪徳ブローカーに引っかからないために バイタルフォース、相談サイトを開設
2017/1/24 12:10
http://www.j-cast.com/trend/2017/01/24288747.html

【「身に付けているモノや自分を大きく見せる態度から、ブローカー特有の雰囲気を感じ取れる」】
→ と言ってしまうと、今度は小さく見せるブローカーも現れそうであります。

投資対象の太陽光発電所を紹介、エリアエナジーがサイト開設
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/25 14:26
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/012505953/

【1月11日には、福島県いわき市にある出力1.984MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)の取得を決めたと発表した。
すでに売電を開始しており、K&Yパートナーズ(東京都港区)から8億7400万円(税込み)で取得する。】
→ なんだか結構高いような気もしないでもないすが、いろいろとご事情がおありなのでありましょうか。

沖縄タイムス+プラス ニュース
名ばかりの取締役 「残業代・権限ない使用人」 太陽光発電元正社員57歳
2017年1月25日 17:10
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/81341

【「銀行の借り入れなどがあるから名前を貸してくれ」と社長に言われ】
【社長はワンマンで、思いつきで仕事を振ったり、社員を選んで、高圧的に人格を否定するような言葉を投げつけることがあった。】
→ 結構なブラック臭もしますが、どちらの会社でありましょうか。今回はヒントなしのようであります、前回は記事の中に明らかにあったキーワードでググれば(以下略

2017年1月16日
トリナ・ソーラー、景観条例に適合するブラックカラーの太陽電池モジュールを発売
http://business.nikkeibp.co.jp/atclemf/15/238719/011602007/

【日本各地の厳しい景観条例の規定にも適合する明度2.0、彩度0.5の黒色にした。Honey M Plusのバックシートはホワイトで、黒色のフレーム、高透過・反射防止強化ガラスを採用した。これにより、高出力と高効率を実現している。】
→ 60セルパネルで最大295Wと地味にパワーアップでありますね。お値段がどんな感じなのかはわかりませんが、現行品と大きく違わないなら条例対応や近隣からのクレーム防止のためにも検討に値しそうであります。

木製架台、稼働2年後の現状は? 播磨科学公園都市のメガソーラー
不具合はないものの、経年変化に違いも
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/17 00:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/302960/011600070/

【一年間に一度、木材を一つ一つ確認し、一定以上に腐朽や虫害が生じた時点で交換することを求めた。】
→ なかなか大変な作業ではありますが、何事もきちんと点検することは重要であります。

2017年01月24日 07時00分 更新
自然エネルギー:
北向きの斜面にメガソーラー、太陽光パネルを5度で設置して発電量を増やす
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1701/24/news039.html

【北向きの斜面で通常の南向き30度で設置すると、朝や夕方にパネルの横方向から当たる日射量が少なくなって発電量が減ってしまう。パネルを5度に設置することで太陽光を受けやすくなり、設備利用率(発電能力に対する実際の発電量)を標準値の13%で維持できる見通しだ。】
→ 30度が通常なのでありましょうか。36円ということですから、発電効率が3割落ちても24円よりはよいわけでありまして、この際、チャレンジングな南&北設置で極度の詰め込みに挑むなんていうのもありだったかもしれません。

2017年01月24日 11時00分 更新
太陽光:
実は多い“サビ”のトラブル、太陽光発電設備を守るには
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1701/24/news020.html

【金属にサビ(金属腐食)が発生するのは、太陽光発電設備が常に雨風にさらされているからという理由だけではありません。異なる金属同士を接触して使用することで起こる電蝕(でんしょく)という現象があり、これが原因でサビが発生することも多いのです。】
→ 何事も適切な設計と、早期発見・対応が重要でありますね。

青森と埼玉で合計約13MW、カナディアン・ソーラーがメガソーラー稼働
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/19 11:22
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/011905880/

【稼働したのは、青森県六戸町に立地する出力10.2MWの「Aomori Solar Power Plant」、埼玉県の北西部にある皆野町に立地する、出力2.5MWの「Saitama Minano Power Plant」である。】
→ ひねりのない発電所の名前でありまして、青森には”Rokunohe”が付かないのはなんでかなという気もいたします。どうせなら一戸二戸三戸五戸六戸七戸八戸九戸とコンプリートしていただきたかったものであります、カナダのような中華な会社の勢いをもってすれば不可能ではないはずです(笑)。

「産業用も住宅用も上昇傾向」、日本で盛り返し始めたカナディアン・ソーラー、山本社長に聞く
メガソーラービジネス・インタビュー
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/25 00:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/305464/012400029/

【営業の手法を見直し、産業用、住宅用ともに、日本の商流に合わせたアプローチを徹底しました。】
→ カナダのような中華な会社(しつこい?)、ははあ、日本の商流に合わせた、というのは、産業用に関しては例のアレですか。

ウインパワー、小型風車の申し込みが1000件超える
20kW未満の風力発電事業にブームの兆し
金子憲治=日経BPクリーンテック研究所
2017/01/26 17:01
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/012605969/

【設置コストは、ブレード(羽根)、ナセル(発電機などの筐体)、タワー、制御機器、パワーコンディショナー(PCS)などを含めた風力発電設備に、造成、建設工事を加えて、1基3000万~3500万円を想定している。同社の試算では、年間平均風速5m/秒の立地で年間約360万円、同風速6m/秒で年間約470万円の売電収入が見込まれ、10年以内の投資回収が可能としている。】
→ かなりの注文がドジョウのおかわり狙いじゃないかと思いますが、これっておいしいのでありましょうか?

■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量・過去の実績弊社発電設備の発電実績 から、ご覧いただけます。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量(AC側)に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しない・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■■ お知らせ(4)
次回、第23回の情報交換会は、この記事にありますとおり、2017年2月の水曜日か土曜日になりそうな予感であります。ご意見・ご要望・ご参加表明はこの記事のコメント欄ではなく電子メールでお願いいたします。

■■■■■ お知らせ(5)

このあたりにもランキングのバナーを置いておきます。当ブログのような泡沫ブログではない、素晴らしいブログもたくさん参加されています。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました