おすすめニュース18点盛り(1人2,500円ビール飲んだから3,900円の会費では赤字になるべさの巻)

改正FIT法施行で認定失う太陽光、1700万キロワット規模の可能性
New 2017/02/13
https://www.denkishimbun.com/archives/9068

【識者からは「認定を失った事業案件がそのまま売りに出される可能性もあるため、買い手は注意が必要」との指摘もある。】
→ イケイケでホイホイと認定取りまくりでどえらいことになったわけで、相当やばいブツがあったり、そういうブツでいろいろと悪いことをする輩も出てくるものと予想されます。当ブログのような泡沫零細ブログをご覧になっている方は、おそらく上級国民ではなく、平民(笑)ではないかと思いますが、そのようなところにはおいしい物件なんぞ回ってこないものであります。うまそうな話があったときにはホイホイと食いつかないようにくれぐれも気をつけください。

改正FIT法、都内で説明会/高い関心、初回500人参加
2017/02/15 2面
https://www.denkishimbun.com/archives/9173

【定員500人の会場はほぼ満員で、発電事業の開始手続きなどに関する質問が活発に行われた。】
→ 当ブログ主的には「資料はそのうち公開されるし、それから電話で聞けばいいんじゃね?」「別におみやげくれるわけじゃないし、いろいろと茶番もあるんでしょ」と冷めて見ていたのでありますが、みなさま熱心でありますね。

エネ庁が改正FIT法の直前説明会、「事業計画認定」の手続き解説
入札参加に要する保証金、落札者は5000円/kWに
金子憲治=日経BPクリーンテック研究所
2017/02/15 15:38
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/021506291/

【事業用地の「分割禁止」については、「同一の地番または地権者が同一の土地において、他の認定事業計画がないこと」という基準に加え、今回の説明会で、「申請日の1年前まで遡って同一の場合も含む」という基準が加えられた。これにより、2017年度内に認定を取得する場合、2017年4月1日まで遡って「同一」であるか否か、が問われる。】
→ ということで、見に覚えのある21円でするつもりの案件をお抱えの方は、アレをするなら3月31日までにやっておかないとダメですよ、ということであります。

【「標識の掲示」に関しては、20kW以上の設備に対し、「外部から見やすいように、発電事業を行う者の氏名または名称、その他事項を記載した標識を掲げる」とし、その他事項には、「事業地の住所、緊急時の連絡先などが考えられる」(エネ庁・事務局)とした。】
→ ネットで公表される設備認定一覧を使ってドロさんが活発になったり、発電所を回って電話番号を収集して名簿化していろいろな売り込みができてしまったり、いろいろとチクってみたり、「資源エネルギー庁のほうからきました、指定のフェンスや看板を買えば処分が免除されますよ、買わないと処分されますよ」的な営業だとか、いろいろと副作用もありそうであります。しかしまあ、なんで20kWなのでありましょうか。10kW以上20kW未満と関係のあるスジのロビー活動なのか、そのスジへの遠慮なのか、恣意的なものを感じます。

太陽光買い取り価格、増設分は安く 経産省
2017/2/16 23:22
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H5B_W7A210C1PP8000/

【、事業者は現段階で発電量を増やしても認定を得た時の高い価格で売れる制度になっている。今夏にも既存設備との割合に応じて価格を引き下げ、国民負担の軽減につなげる。】
→ 年数がどうなるのかがちょっと気になりますが、些細なところをつっつき回すのはそこそこに、今頃ゆるゆると連系している大きいものについてもなんとかしてもらいたいものであります。

2017年02月10日 15時00分 更新
法制度・規制:
電気料金に上乗せする賠償費用、2020年度から標準家庭で年間252円に
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1702/10/news108.html

【福島の事故が発生する以前には、原子力発電所を運営する事業者も政府も賠償費用の発生を想定していなかった。】
→ 賠償するのは事故を起こした電力会社のお仕事であります。「事故を想定してなかったけど、事故が起きたから客が払え」というのはめちゃくちゃであります。

2017年02月14日 11時00分 更新
動き出す電力システム改革(81):
安い電力を売買する「ベースロード電源市場」、原子力を拡大する施策にも
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1702/14/news039.html

【「ベースロード電源、特に原子力発電所については、地方自治体や地域住民の理解・協力はもちろんのこと、各地域の電力会社による安全投資や、現場の弛まぬ努力等により、これまで建設・運営が行われ、各事業者の供給区域における電源として活用されてきた。今後、ベースロード電源市場の創設等に伴い、地域を跨がる電気の取引が拡大されることとなれば、その恩恵が安価な電気という形で全国に裨益することとなる。こうした状況においても、全国大で得られたベースロード電源のメリットが引き続き、地場産業や雇用への貢献を通じて、地域に着実に還元されることが期待される。」】
→ 大変美しいですね。きっと頭のよい方が考えたスキームだと思います。

風力発電の受け入れ拡大 北電 5年ぶり、10万キロワット超
02/17 07:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0369486.html

【受け入れ枠の拡大は5年ぶり。】
→ なかなかきびちいものでありますが、もともと、人の数より牛やら鮭やら熊のほうが多い場所の細い電線に、みんなが「つなげ」「つなげ」と押しかけるとこうなってしまうわけで、いたしかたない部分も多いかと思います。

太陽光発電設備 上田市が独自のガイドライン案
(2月11日)
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170211/KT170210ATI090011000.php
【ガイドラインは、市内に設置される出力50キロワット以上の発電設備(建築物へ設置するものを除く)が対象で、罰則はない。】
【市都市計画課は「市としての考え方を表明し、事業者の自主的取り組みを促すのが目的。】
→ 守る業者は守って、守らない業者は・・・という展開にならないか、気になるところでありますが。

和泉山脈にメガソーラー構想
(ニュース和歌山より。2017年2月11日更新)
http://www.nwn.jp/news/2017021101%EF%BC%BFmega/

【「以前も土砂崩れで道が寸断され、鉄砲水への怖さはある。ただ、メガソーラーが注目される中、無茶なことはしないはず」】
→ ここの業者さんがどんな業者さんかはわかりませんが、デベロップメント系やらインヴェストメント系な方々の中には、いや、そうでなくても、結構無茶な業者もいたりもしますから、地元としては「待った」をかけれるようにはしておいたほうがという気もいたします。

水への影響さらに調査 霧ケ峰下のソーラー事業
2017年2月17日 6時00分
http://www.nagano-np.co.jp/articles/13676

【調査を実施する環境コンサルタント業者は、計画地や踊場湿原を含む霧ケ峰南側斜面の水の流れの仕組みについて説明。茅野市北大塩の湧水「大清水」は、標高の高い場所で降った水が湧いており計画地からの影響は少ないのではとの見方を示し、さらに調査を進めるとした。】
→ この手の環境コンサルさんが「影響が大きいから今更だけどやめたほうがいいよ」と言う可能性もあるのでありましょうか

砂防指定地で無断伐採、発電企業を県が厳重注意
2017年02月10日 16時46分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170208-OYT1T50049.html

【県は1日、UMCに文書と口頭で厳重注意し、伐採したまま置かれている木を撤去するように指導した。UMCは「砂防指定地とは知らなかった。木の撤去も進める」と話している。】
→ 許可なく勝手に切ったら、「切ったままほっとくな、片付けろ」「知りませんでした、スイマセン、片付けます」で済むのでありましょうか。よくわからない世界であります。

2017年 02月 12日 13:35 JST
【中国】「ロス電力」の問題深刻化、甘粛省で風力エネルギー43%浪費/注目トピックス 経済総合
http://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20170212_00720170212

【国家能源局の統計によれば、風力エネルギーを無駄にする「棄風」は、2016年通年で甘粛省が全体の43%、新彊ウイグル自治区が38%、吉林省が30%、内モンゴル自治区が21%など。太陽光エネルギーを無駄にする「棄光」は、西部エリアで平均20%に達したという。送電網の整備は、遅れが目立っている。】
→ 中国ほどのアレな国家であれば、そこのけそこのけで送電線くらいえいやーっと作ってしまいそうなものでありますが。そうはいかないのでありましょうか。途中の建物に迂闊に手を出せないものでもあるのでしょうか。

2016年の中国の太陽光発電、34.5GWを新設し世界最多に
国家エネルギー局が統計を発表、電源構成に占める比率は1%に到達
大場 淳一=日経BPクリーンテック研究所
2017/02/08 19:05
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/020806185/

【2016年に新規導入された設備容量は34.54GW、累積設備容量は77.42GWとなり、いずれも世界最多の容量になったとしている。】
→ 国がでかいと土地もたくさんあるわけでありますね、いろいろ態度がでかいのはどうかと思いますが

原発推進国の中韓、お寒い地震対策 日本の原子力規制委はあきれ顔
2016.12.31 15:14
http://www.sankeibiz.jp/business/news/161231/bsd1612311514001-n1.htm

【「韓国は200ガルくらいで、自動停止せず手動停止した。日本だとどの原発も自動で止まる。分かりましたそういう状況なんですね」と、半ばあきれた様子でそう語った。日本では一定の揺れを感知すれば、原子炉が自動停止する設計になっており、人が止めなければならないという状況は、日本では考えられない設計だからだ。】
→ 世界にご迷惑をおかけしている日本も偉そうなことを言えないわけですが、その日本があきれるのですから大丈夫なのでありましょうか。

2017年02月12日
「86%増」という言葉に惑わされるな!昨年の太陽光関連倒産
日本ロジテック協同組合は該当するの?淘汰はむしろこれから
https://newswitch.jp/p/7927

→ 太陽光「関連」という言葉で一括りになっているので、ウマウマ権利転売業者、イケイケ施工業者から、まともにやればずっくけようのないなんちゃって発電事業者やら再エネ開発業者までいろいろであります。イケイケ参入組がたくさんいたので当然ズッコケ件数も増えるわけであります。

太陽光発電事業者のための法律Q&A
客先に付ける太陽光の認定を取り忘れたリフォーム業者の責任は?
<第24回>「契約締結上の過失」と「不法行為」に基づく法的責任と賠償範囲
弁護士法人 匠総合法律事務所 代表社員弁護士 秋野卓生
2017/02/15 05:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/407251/020700020/

【太陽光発電の買取価格は、年度毎に変遷しますので、本件のようなトラブル事例が発生してしまいます。この時期、営業活動中の顧客との対応に際して、上記のような案件が生じないよう、特に気を付ける必要があるでしょう。】
→ そうですね。年度末は特に気をつけたいものであります、

太陽光のIRR平均値は4.75%、CBREが期待利回りの調査開始
金子憲治=日経BPクリーンテック研究所
2017/02/16 18:52
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/021606325/

【同社によると、「買取価格の低下に従い、収益を確保しつつ、運用規模を拡大するために既存施設への投資が増えつつある」という。「今後、既存施設の売買事例の増加に伴い、利回りが低下していく」と予想している。】
→ ということで、無理をしない範囲で、ではありますが、そこそこいい物件があれば取得しておくとあとあといいかもしれませんねえという気がします。

独SolarWorld社、単結晶シリコンに集中する事業戦略を発表
大場 淳一=日経BPクリーンテック研究所
2017/02/16 13:57
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/021606315/

【今回の事業再構築は、大幅なコスト削減と効率の向上に繋がる。」】
→ 多結晶は収束気味と思っていましたが、やはりそうなりましたか。当ブログ主といたしましてはソーラーワールドの多結晶で設備認定をとっている案件が1つあるわけで、「多結晶は終了しました」と明言をしてくださると、夢が広がります

■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量・過去の実績弊社発電設備の発電実績 から、ご覧いただけます。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量(AC側)に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しない・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。年度末だったり昨今の取り消し絡みだったりで、怪しい物件が出て来る可能性は高まっているわけでありますので、十二分にご注意ください。

■■■■ お知らせ(4)
来月のお楽しみイベント(?)は「えびソーラー」春の防草シート祭りのお知らせをご覧ください。ご参加表明はこの記事のコメント欄ではなく電子メールでお願いいたします。次回の情報交換会は来月かもしれませんし再来月かもしれません。事後的な規制は好きではないので、事前にビール大ジョッキについての規制を導入しますことを予告しておきます。

■■■■■ お知らせ(5)

このあたりにもランキングのバナーを置いておきます。当ブログのような泡沫ブログではない、素晴らしいブログもたくさん参加されています。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 

About the author

2 thoughts on “おすすめニュース18点盛り(1人2,500円ビール飲んだから3,900円の会費では赤字になるべさの巻)”

  1. >「資料はそのうち公開されるし、それから電話で聞けばいいんじゃね]

    JPE●の契約社員であろう方々が回答を間違えるからですよ。

    1. コメントありがとうございます。
      某一般社団法人がやってる某代行センターがてきとーかことを言ったら、すぐに資源エネルギー庁に電話で確認をするまでであります。

      ↓的確に遂行できているのかかなり「?」でありますが。

      平成28年度「再生可能エネルギー発電設備の認定申請に係る代行申請等及びその関連業務」に係る企画競争(委託先の公募)について
      http://www.enecho.meti.go.jp/appli/public_offer/1602/160217a/
      本事業を的確に遂行する組織、人員等を有していること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728