おすすめニュース16点盛り(順調は順調なりにいろいろと問題があったりもするわけでありますの巻)

北電、揚水発電所の利用率2%どまり
2017/2/18 7:00
日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB17H8T_X10C17A2L41000/

【北電は低利用率を「火力発電所の計画外停止に備えて常に使える状況にしているため」と説明。】
→ ご事情はわかりますが、2%というのはちょっともったいない気もいたします。

九電、太陽光発電接続に伴う増強工事公開
2017/2/22 21:35
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13235100S7A220C1LX0000/

【今回の工事で対象となる事業者は1社で、太陽光発電の出力は2000キロワット。昨年9月から今年3月までの工期で工事している。
大きな発電設備がない地域で新たな発電所から電気を送ると、配電線の電圧が一定せず、安定した電気は送れない。今回の工事では電柱約80本間の配電線を張り替え、対応アンペアを従来の95アンペアから460アンペアに拡大させる。配電線が太くなるため、風圧に耐えられるように電柱も32本建て替える。】
→ 結構なお値段がかかっていそうでありますね。いろいろと調整したり、案件によってはお行儀のよろしくない方に大きな声を出されたりと、電力会社の中の方も大変であります。

2017年02月20日 07時00分 更新
自然エネルギー:
2050年に自然エネルギー100%、脱炭素の長期シナリオ
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1702/20/news027.html

【WWFジャパンの「100%自然エネルギーシナリオ」は大胆な省エネ対策と自然エネルギー拡大策の2本柱で構成する。2050年までに1次エネルギーの需要(供給量)を2010年と比べて47%削減するのと並行して、自然エネルギーの供給量を電力と熱を合わせて約10倍に拡大させる。】
→ 結構チャレンジな内容であります。チャレンジといえば、某総合電機メーカーさんの「チャレンジ」「不適切なプレッシャー」なんぞがありましたが、あちら側のみなさんは大丈夫なのでありましょうか。やはりお上が全力で守るのでありましょうか。

太陽光パネル洗浄サービス ネクストエナジー、自動洗浄機を開発
2017/2/23 7:00
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13232600S7A220C1L31000/

【価格は、約6500平方メートルの太陽光パネルの洗浄で50万円(税別)程度。
「PV Cleaner」は太陽光パネル上を自動で走行し、水圧でパネル上に付着したほこりや花粉、鳥のフンなどを洗浄する。表面のごみを取り除くため、洗浄後5カ月間の発電量が平均3%向上するという。】
→ 6,500平方メートルがパネルの面積だとすると、パネル4,000枚、1MW程度でありますね。27円で年間売電収入が3,000万円くらいでしょうから、5か月だと1,000万円から1,500万円でありましょうか。その3%というと60万円から90万円くらいかなということで、お値段的にはまあそういう感じでありましょうか。まさか、36円とか40円だとその分割高なんていうどこぞのパネルメーカーみたいな値付けをされたりはしていないですよね、とちょっと思ってみたり。

韓国ハンファ日本法人、太陽光パネル人員50人増へ
2017/2/17 23:47
日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13075690X10C17A2TJC000/

【営業や設備メンテナンスの担当者を増やし、大規模発電所向けに比べて手間がかかる住宅や小型店舗向け太陽光パネルの販売力を高める。国内メーカーが得意としてきた住宅向け太陽光パネル市場での競争が激しくなりそうだ。】
→ さてはて、うまくいきますかどうですかという感じもいたしますが・・・。

2017年02月20日
伊藤忠、国内でメガソーラー事業に300億円。その投資先は?
既存発電所の取得も視野に
http://newswitch.jp/p/8022

→ 40円とか、36円とか、32円のお買上げでありましょうか。いろいろと手を入れて収益性向上、すなわち国民負担の増大なんてしたらうらやまけしからんでありますね。

大分の82MWのメガソーラー売却益は200億円、丸紅が純利益を上方修正
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2017/02/26 09:17
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/022506458/

【この売却によって、丸紅は現金400億円を得る。このうち200億円が売却益となり、これが2017年3月期決算の純利益を引き上げる。】
→ 1MWあたりの売却益が2.4億円でありますか。うらやまけしからんですね。

横根高原メガソーラー建設 差し止め求め署名提出 鹿沼市に市民団体
2017年2月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201702/CK2017021702000167.html

【横根山頂から九合目付近の百七ヘクタールを開発し、太陽光パネルを設置すると説明。】
→ 山のてっぺんのほうにソーラーとはかなりユニークであります。

2017.2.22 18:29
前橋市拠点の指定暴力団組長ら2人逮捕 「企業舎弟になれ」知人男性脅した疑い 群馬県警
http://www.sankei.com/affairs/news/170222/afr1702220033-n1.html

【被害男性は伊勢崎市で太陽光発電事業を営んでおり、事業が軌道に乗ったことを知った組長らが暴対法の適用外である「企業舎弟になれ」という趣旨の要求を男性に繰り返し迫り、現金300万円を脅しとろうとしたという。】
→ 当ブログをご愛読いただいているみなさまで、事業が軌道に乗っている方はお気をつけください。

アスクル倉庫火災 再び爆発 消火活動難航 鎮火めど立たず
2月20日 19時00分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170220/k10010883451000.html

【さらに、屋上に敷き詰められていたソーラーパネルにも引火したということです。】
【屋上にはソーラーパネルがあり、水をかけると、消防隊員が感電するおそれがあるため、直接、放水することができませんでした。】
→ 事実では事実でありますが・・・。

「津波を被った接続箱内が黒焦げに」、東日本大震災後の住宅用太陽光
太陽光発電所ネットワーク 第1回
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2017/02/23 00:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/302961/022200043/

【住宅用の太陽光発電システムは、300~400V程度の電圧でPCSまで流れてくる。電流も小さくない。もし、布や紙、草や木など、燃えやすいものが近くにあり、その状態で通電や放電が生じると、状況によっては発火し、住宅全体の火災につながった恐れもある。この場合も、接続箱のスイッチを切るのがベストな対処だった。】
→ 家庭用をお持ちの方もそうでない方も、安全とこういったときの対処は知っておきたいものであります。

太陽光発電事業者のための法律Q&A
業者の申請忘れで売電単価32円が24円に低下、損害賠償の範囲は?
<第25回>「予見可能性」と「逸失利益」の損害認定について
弁護士法人 匠総合法律事務所 代表社員弁護士 秋野卓生
2017/02/22 05:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/407251/021800021/

【以上の通り、業者が顧客の売電目的を予見できた場合には、売電単価の差額により生じる収入の差額が逸失利益として、損害に含まれる可能性はありますが、どの程度まで損害として認められるかは争いのあるところです。】
→ 「可能性」「争いのあるところ」ということで、詳しくはご相談ください、ということでありますね。ご相談のお世話になるようなことのないように気をつけたいものであります。

DMMの亀山敬司会長が語る儲け哲学 原点は「TSUTAYAの代わりに」
2017年2月17日 8時53分
http://news.livedoor.com/article/detail/12685226/

【ビジネスの多角化を推し進め、現在は動画配信、FX、太陽光発電、ゲーム事業などを展開している。】
→ 「エロ(など)」「為替でギャンブル」の次なんとも味わい深い位置に太陽光がありますが、これだけ流行るのもやはりそれなりの理由があってのことであります。

マンション投資「メガ大家」になれる人、なれない人
著述業 中川寛子
2017年02月20日 05時40分
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170216-OYT8T50022.html

【過去に書籍で成功体験を語っていた投資家の中には、その後に大きな借金を背負ってしまった人もいる。だが、そうした後日談は語られることはまずない。また、短期的に成功した人たちがコンサルタントに走ったことで、「不動産投資は誰でも楽をしてもうかる」という話だけが一人歩きしている。】
→ 太陽光も同様に慎重にしたいものであります。

太陽光発電は土地で決まる! 低圧太陽光投資の投資価値の見極め方
雪が多い東北地方が最近人気の理由とは?
ニュース解説 > マネーライフ > お金のライフハック
2017.02.19 08:03
http://www.toushin-1.jp/articles/-/2715

【現在は表面利回り9~10%が平均のラインとなっており】
→ どうやって計算した平均かはよくわかりませんが、平均は平均でしかないわけで、よしとするかどうかは投資される方ご自身でよくご検討くださいであります。当ブログ主的にはお先に失礼しますであります。

(PR)エコスタイル社長インタビュー
「太陽光投資を永遠のメジャー投資へ」木下公貴 エコスタイル社長
https://zuuonline.com/archives/140423

【私たちは、この太陽光投資をお客様にメリットがある形で普及させ、永遠のメジャー投資として育成することを常に考えています。それが当社の使命でもある「子供たちのため、次世代のために環境を守る義務と責任を遂行する」ことに繋がっていくと信じています。】
→ せっかくのすばらしい使命でありますから、あまりイケイケで適当なことをしてしまうと次世代以前の話にもなっちまうわけで、もうちょっと慎重なほうがよろしいのではと思うわけであります。零細泡沫客からの一言でした。

■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量・過去の実績弊社発電設備の発電実績 から、ご覧いただけます。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量(AC側)に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しない・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。年度末だったり昨今の取り消し絡みだったりで、怪しい物件が出て来る可能性は高まっているわけでありますので、十二分にご注意ください。

■■■■ お知らせ(4)
来月のお楽しみイベント(?)は「えびソーラー」春の防草シート祭りのお知らせをご覧ください。ご参加表明はこの記事のコメント欄ではなく電子メールでお願いいたします。また、次回の情報交換会は来月かもしれませんし再来月かもしれません。事後的な規制は好きではないので、事前にビール大ジョッキについての規制を導入しますことを予告しておきます。

■■■■■ お知らせ(5)

このあたりにもランキングのバナーを置いておきます。当ブログのような泡沫ブログではない、素晴らしいブログもたくさん参加されています。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました