うらやまけしからんに対する課長のお言葉・おかわり

引き続き、お上の、お立場のある方のお言葉というのは結構重たいわけでありまして。

メガソーラービジネス
「改正FIT法で太陽光の保守・点検が義務に」、経産省・山崎課長(後半)
メガソーラービジネス・インタビュー
金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/05/19 05:00 2/4ページ
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/305464/051800042/?P=2

「事後的過積載」の問題点について提起しました。委員のなかにも、「過去にさかのぼってまで、取り締まるべき」など、問題視する声が多かったのも事実

→ うらやまけしからんとプリプリしている委員の方が結構いるわけでありますね。何をプリプリしているのよ、委員のみなさんもやればいいじゃんという方はこちらをクリック!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 

同委員会でも議論されましたが、PCS出力を超えるパネル容量を設置する「過積載」自体は、まったく問題ありません。むしろ、適切な過積載は、土地や設備の利用効率を高め、再エネの発電量を増やすという点で好ましいものです。

→ これはありがたいお言葉でありますね。よかったですね、ひなぱぱさんピーク時は出力がフラットになるので、までがあれば100点満点じゃないですか(笑)

問題なのは、FIT初期の、今となっては高い買取価格を維持したまま、現在の安くなったパネルを設置した場合です。買取価格を算定した当時に想定したシステムコストより安価な設備を調達できるため、国民負担との関係で問題になります(図1)。

→ 40円とか36円でブヒブヒしている方がイケイケでウマウマするのは確かに国民負担の増大でありますね。

現在、取り締まるべきか否かに関し、現状を調査しているところです。その上で状況に応じて手を打つ必要があれば、対応するつもりです。現時点では、いつごろまでにどんな対応をするかなど、まったくコメントできません。

→ まあ、お上が「調査中」「コメントできません」というときには結構な確率で、まあアレです。コメントするといろいろ面倒な段階ゆえコメントしません的なことかもしれません。だいたい、頭のいい方々が理由もなく放置はしませんよ、きっと。

過積載の駆け込み増設が起こっていることは認識しており、好ましいことではないと感じています。

→ 好ましくないことをやっている発電事業者のようなものの方々や、その他関係のみなさん、目を付けられていますよ(笑) お上の「好ましくない」とは、「少なくとも個人的にはけっこう不快感を持っているし、まあ組織としても以下の同じ」に近いものがあるかもしれません。いや、もしかしたら「俺もやってるんだけどね」かもしれませんが。ともかく、躊躇なく首尾よくやっちまうか、好ましくないからやらないかのどちらかでありましょう。中途半端がいちばんよろしくない雰囲気でありますね。お上はあまり怒らせないほうがよいというのは事実なのではありますが。

今後、取り締まる場合、どのような形になるかわかりませんし、パブコメを実施するか否か、についても未確定です。ただ、例えば、「PCS出力を変えないパネルの増設」を今の「軽微変更」ではなく、新たな事業設備として認定の取り直しとし、買取価格が変わる形にするのであれば、解釈の変更で済みます。
過去の増設工事にもさかのぼることに関しては、「公共の利益」に反すると判断できれば憲法上、ルール変更前の工事まで遡及して適用することも可能と考えています。

→ 「解釈の変更で済む」方法を取られるのか、「公共の利益に反してうらやまけしからん」と取り締まられるのか、まあ、どちらかでありましょう。やるならさっさとやっとけということでありますね、リーズナブルなお値段なら。一番やばいのパターンが「40円とか36円でウマウマできるんだから」と言いくるめられて、高いコストで増設をして業者さんの養分になって、その後にさっさとお上には事後的に買取単価を下げられて挟み撃ちというパターンでありましょうか。まあ、当ブログ主にはあまり縁のない話でありますので、生暖かくヲチしたいと思います。

当ブログ主といたしましては、エコに貢献!なんてかっこいいことを言いながらイケイケ野良ソーラーを増やしまくって、節税スキームぶんまわしでうらやまけしからんなんてするほどの高尚な気持ちと信用力やら資金力やらは全くないわけでありまして、使わせていただける土地があれば穏やかにやらせていただいて、それなりに税金をお支払して社会に貢献したいと思います(ちょっと棒読み)。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031