おすすめニュース35点盛り(パネル増量とかの申請ができなくなって何ヶ月経つんでしたっけの巻)

2017.6.14
関西・中部・北陸電力連携の狙いは「東電との再編封じ」
http://diamond.jp/articles/-/131607

→ なかなか「あちら側」なみなさんも、大変なようでありますね。

2016.5.25
「原発広告」の欺瞞を元博報堂の営業マンが激白
『原発プロパガンダ』の著者・本間 龍氏に聞く
http://diamond.jp/articles/-/91823

→ ちょいと以前の記事ではありますが、生々しいわけでありまして、大人の世界であります。

「セントラル方式」を討議、経産省・再エネ大量導入検討会
日本版・「コネクト&マネージ」への議論の方向性も
金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/06/16 17:05
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/061607995/

【「政府が長期的・挑戦的な導入目標を掲げたうえで、洋上の開発区を定め、系統接続や各種許認可など必要な手続きを国が済ませたうえで、そのエリアでの発電事業者を入札で決める」という仕組み。これにより事業者の開発リスクが低減するとともに、有効な競争環境が生まれ、風車の大型化や効率的な工法などの技術開発を促したという。】
→ 事業者がバラバラでやるよりもお上がさっさと取りまとめるほうが効率でありますね。太陽光もやりゃあいいのにという気もしますが。

 

「コネクト&マネージには情報公開を」、経産省の第4回大量導入検討会
金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/06/22 09:07
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/062208067/

【海外の再エネ事情などに詳しい専門家からの説明とそれを受けた討論という形式で進めている】
→ 電気の前に電話をしっかりやれよと言いたくなる、ロビー活動が禿しいIT系コングロマリットの、過去のコストデータにころっと騙されちゃうようなことのないようにお願いしたいです。

2017/06/23
太陽光発電の売電ができなくなる? 「太陽光発電の2019年問題」とは
https://zuuonline.com/archives/158335

【余剰電力買取が終了した後、太陽光発電導入者はどうなるかというのが、2019年問題の核心である。再エネ政策を所管する経済産業省は、「電力会社の買取義務はなくなりますが、電力会社との相対取引で、市場価格による売電、買電は可能です」と答えている。】
→ 当初の予定通りでありまして、今さらピーチクパーチク騒ぐものではなわけであります。蓄電池屋さんとそこからお金をもらってるコンサルさんはがんばって売ってくださいな、であります。「もう買いたくね」という電力会社さんもいるのかもしれませんが、お上が「なんとかしろよ」で、結局忖度とかなんとかで、安くてよければ買う、になるのではと思います。ともかく、変な蓄電池屋さんとか口先だけうまいコンサルの口車に乗せられて不当に高い買い物をうっかりしてしまわないように気をつけたいものであります。

FIT駆け込み申請再び/バイオマス発電、16年度末に計1100万kW
2017/06/13 1面
https://www.denkishimbun.com/archives/14656

【国のFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を巡り、2016年度末にバイオマス発電で計1千万キロワットを超える“駆け込み申請”があったことが分かった。】
→ 中華パネルを並べて「買え買え!」と凄むだけでもとりあえずなんとかなったかもしれないアレよりははるかに難易度が高いと思うのでありますが、どうなるのでありましょうか。

ニュース&トレンド
ネガワット元年の思わぬ落とし穴
“補填金”の支払いが事業者の利益を圧迫
中西 清隆=日経エネルギーNext
2017/06/14 05:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/031400070/061200016/

【市場価格の上昇局面で競争力が高まるはずのネガワットにおいて、経費となるネガワット調整金が市場価格の実績と連動するとなれば、「まったく収益の見通しは立たなくなる」(ネガワット事業者幹部)。小売電気事業者向けでは、送配電事業者向けのような年間の待機費用収入も期待できない。このままでは小売電気事業者によるネガワットの活用は見込めない。
大手小売部門が要求するネガワット調整金がネガワット普及のネックになっている。卸電力市場価格に連動させるネガワット調整金は果たして妥当なのだろうか。】
→ 大手による大手のためのルールでありますね。とはいえ、大手も商売であります。

<探る見る>「地球温暖化はでっち上げ」か 気候変動繰り返した46億年
06/13 09:46
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0409872.html

→ でっち上げとか利権とかいろいろとあるのかもしれませんが、無駄遣いはしないようにしたいものでありますね。

太陽電池メーカーは消えるのか
切り札のペロブスカイトがある
2017/6/16
http://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=2290

【「競争力がなくなれば市場撤退もやむなし」と突き放すのは簡単だが、PVメーカーがいなくなれば、PV自体の普及にもブレーキがかかる。PVメーカーは正念場を迎えている。】
→ 残るのは生命力の強いあの国とこの国でありますか。

法律制度Q&A
太陽光バブルの申し子、権利転売の盲点は?
FIT権利売買の法的側面と注意点を弁護士がスッキリ解説
川本 周=西村あさひ法律事務所・弁護士
2017/06/16 05:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/031400074/061200003/

【セカンダリー市場の発展は、再エネの導入拡大に不可欠と言えるでしょう。マーケットの健全な拡大が期待されます。】
→ 投資の「出口」が発展することは投資が活発になる要因の1つではありますね。健全な拡大が期待、とのことですが、実際、期待できるのでありましょうか。まあ、資本主義であります。

太陽光売電申請が8割減、九電集計
2017年06月22日
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20170622-OYS1T50000.html

【背景には買い取り価格の低下などがある。12年度に政府の認定を受けた事業者は1キロ・ワット時あたり40円で売電できたが、16年度は同24円に下がり、「売電ビジネス」は厳しくなった。】
→ 厳しくなってよいんじゃないでしょうか。ほどほどでいきましょう。

拡大市場“支える”架台メーカー 選ばれる理由
「一軸式追尾型」架台で発電量1.2倍以上
24円案件でも32円のIRRを確保
金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/06/15 05:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/349040/061300005/

【連系出力の1.4倍を超えるパネル容量を設置する極端な「過積載」が広がっている】
→ モーター1つで全部動かしちゃうというのはかなり斬新でありますが、24円でも32円のIRRを確保ということは、ノーコストでも発電量3割以上アップ、実際にはコストが追加でかかるわけで、コストが相当に安くないと「32円のIRR」を確保できないのではという気もいたします。ところで極端な過積載ってエクストリーム?

変換効率が15%台のCIGS系太陽電池製品、発電量で“多結晶Si超え”も
野澤 哲生
2017/06/21 13:54
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/062108050/

【出力(定格変換効率)は180W(14.7%)と185W(15.1%)。】
→ これは期待したいですね。170W→185Wができれば同じ面積で1割近くのアップであります。

メガソーラー探訪
東金市のメガソーラーに見る、多年草「ダイカンドラ」による雑草対策
マット状に育成して設置、20年間の費用対効果に利点
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/06/13 05:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/302960/061200092/

→ ダイカンドラも気になりますが、「売電価格 非公開」って、うらやまけしからん売電単価なのでありましょうか。

芋田、渋民にメガソーラー 盛岡市、20年完成目指す
(2017/06/16)
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170616_4

【大阪市に本社がある日光エナジー開発(資本金3千万円、張性敏(ちゃんすんみん)社長)など】
→ 渋谷の和民で芋焼酎に見えました。)大阪に本社で、社名が日光・・・? 太陽光のことでありましょうか。

ヘルシンキに北欧最大の「飛行場太陽光」、ゼロエミ目指す
運営会社は全21カ所の空港を2020年までにCO2ゼロに
大場 淳一=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/06/14 14:42
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/061407963/

→ 土地もあって日当たりもよくて、既存系統も太いわけで、太陽光と空港は相性がよいですね。

南インドで100MWのメガソーラー、買取価格は8.8円/kWh
ソーラーパークの合計設備容量は1GW、ソフトバンク子会社も350MWを運用
大場 淳一=日経BPクリーンテック研究所
2017/06/15 17:56
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/061507980/

【「カルヌール・ウルトラ・メガソーラー・パーク」】
→ エクストリーム・スーパー過積載みたいな感じでありますね、ウルトラ!メガ!

再生エネ、世界投資額800兆円強へ 石炭を駆逐
40年までのエネルギー見通し
2017/6/16 14:14
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ16HKK_W7A610C1000000/

【割高な再生エネは過去の話になり投資のピッチも上がる。BNEFは40年までに世界全体で発電部門には総額10.2兆ドル(約1132兆円)が投じられ、このうち72%(約815兆円)が風力と太陽光の2つに向かうと見込む。日本の国家予算は約100兆円で、8年分が世界の再生エネ投資に充てられる計算だ。】
→ ハゲタカ外資や、政商や、低圧野立て野良ソーラーにこれ以上ウマウマされないように、固定価格買取制度は適切な段階で適切に対処したほうがよさそうでありますね。あくまでも紳士的に適切にお願いします。

2017.06.23
原発、中国含め世界ではすでに不要に…「自然エネルギーのほうが安全で低価格」が立証
http://biz-journal.jp/2017/06/post_19554.html

【「フランスが電力不足のときには、ドイツから自然エネルギーの電気をたくさん差し上げましょう」
「風力や太陽光で需要を賄えます。原発に頼る必要はまったくありません」】
→ 日本でも再エネ派とか、再エネロビー活動ゴリ押しイケイケIT系コングロマリット系な方々は同じようなことを言うのでありましょうし、海外でも「再エネ?あてになんねえ」という方もそれなりの業界にもいらっしゃるわけでありまして、「海外=知ってる」「日本=知らない」と単純化できるものでもないわけでありますが、日本はアレ利権が強いのかなんだかしりませんが、相対的に見れば「知らない」ことは間違いなさそうです。

トランプ氏は批判… インド、実はエコカー・再生エネ推進
2017/6/6 14:29
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ06HFO_W7A600C1000000/

【トランプ氏が先週の会見で、中国と並び温暖化ガスを排出し続け「不公平」と名指ししたのがインドだ。石炭消費大国と知られる同国だが、近年は再生可能エネルギーを増やし、新車をすべて電気自動車(EV)にする野心的な計画も打ち出した。】
→ いくらインドが人口が多くて石炭消費大国だとはいっても、石油がぶ飲み、石油の値段が下がったら懲りずに燃費の悪い車を書いたがるアメ公には言われたくないような気がいたします。

トランプ大統領が新構想、メキシコ国境壁でソーラー発電
2017年06月22日 13:48
http://www.afpbb.com/articles/-/3133000

【国境壁の建設費を全額メキシコに払わせると主張し、強い反発を招いているトランプ大統領はさらに、「これならメキシコが支払わなければならない金額もずっと安くなる。名案だろう?」とコメント。「そうすると、高さがあればあるほど壁の価値も上がるな」と熱っぽく語り、「素晴らしい想像力だろう? 私のアイデアだ!」と自画自賛した。】
→ すぐ連系できるのでありましょうか。まさかの5年待ちだったりして。

丸紅のUAE太陽光 天然ガスより安く、発電コスト2円台
編集委員 松尾博文
2017/6/15付
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO17663720U7A610C1X93000/

【アブダビでは太陽光の売電単価が同3セントを切ると、天然ガス発電のコストより安くなるという。中東産油国は石油や天然ガスを国内消費でなく、外貨を獲得する輸出に回したいのが本音だ。】
→ 石油やガスを買い続けて、しかも金払いのいい国はいいお客様でありますね、どこでありましょうか。

自然エネの電気が32%に達したドイツ/再割り当てや出力抑制で送電線の運用を工夫
投稿日: 2017年06月22日 12時27分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/shinrinbunka/renewable-energy-germany_b_17218684.html

【ドイツと日本の最大の違いは、送電線への接続状況だ。ドイツでは接続が義務だが、日本ではなかなかつなぐことができない。送電線を持つ大手の電力会社が、各地で「これ以上は接続できません」と断る状況になっている。各電力会社間をつなぐ連系線を積極的に使おうとする姿勢もない。そもそも、自然エネを大きく増やそうという国の意志が欠けていることを、ドイツとの比較から強く感じた。】
→ 日本の国の意志は読売新聞をよく読んで下さい(笑)

インド企業が合計2MWの屋上設置型メガソーラー
工場の電力需要の最大95%を太陽光でカバー
大場 淳一=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/06/21 18:35
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/062108056/

【環境面の利点に加え、事業面でも太陽光発電は理にかなう。太陽光による電力は約4.5ルピー(約7.8円)/kWhだが、産業用の電気料金は8ルピー(約13.8円)/kWh以上で今後も値上げが予想される。設備投資は2~3年で回収でき、維持管理も容易だ。】
→ 日本ももう少し安くなるとよいのでありますが。

モンゴルの電気を東京へ アジア向け国際送電網検討大詰め
2017.6.22 06:10
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170622/mcb1706220500013-n1.htm

【電力の供給や技術面で中国への依存が高まることを警戒する国があると指摘する。】
→ 当然であります。何かあったらすぐに嫌がらせをしてくるような国に依存するような要素はあってはいけないと思います。あってもなくてもいいよ、繋いでくれっていうから繋いであげてもいいよ、くらいでいいと思います。

メガソーラー・トラブルシューティング
積雪の荷重で太陽光パネルのフレームが外れる
ケミトックス 第13回
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/06/22 05:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/302961/062000054/

【傾けて設置したパネルへの積雪荷重は、不均一なものとなり、パネルの表面・裏面の垂直方向だけに限定されず、さまざまな方向にかかる(図3)。さらに、滑り落ちる際には、また異なる方向の力がパネルに加わることになる。】
→ パネルもなかなか大変であります。あちらこちらで叩かれる・・・のように。

メガソーラー・トラブルシューティング
瀬戸市の「法令違反メガソーラー」、パネル1400枚を撤去、是正完了
防災用調整池を新設、里道を回復して緑地帯を増設
金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/06/14 05:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/302961/060900053/

→ それなりに結構¥がかかったのではと思うわけでありまして、無茶なことはしないのが一番でありますね。

「最大限住民の声に配慮」 事業者が会見 伊東・太陽光発電計画
(2017/6/14 07:42)
http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/369757.html

【朴代表は「予想より反対の声は大きいが、最大限住民の声に配慮して地域の役に立ちたい」と計画を推進する考えを強調した。】
→ 再エネの最大限の導入みたいなものでありましょうか。ビジネスでありますから、何でも聞くわけにもいかないわけでありましょうけれども、どこが着地点になるのでありましょうか。

グリーンエネルギーのはずが? - メガソーラー発電所建設でトラブル続出
中村智彦 | 神戸国際大学経済学部教授
6/13(火) 6:30
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakamuratomohiko/20170613-00071994/

【環境にやさしいはずが、逆に環境破壊としてやり玉に挙がっているのは皮肉なことだ。】
【さらに、外資系企業、特にソーラーパネルメーカーが出資した企業が、発電所建設を行っていることも、反発を引き起こしている。】

→ 何かをやろうとすればいろいろとあるわけでありまして、まあ、難しい問題ではあります。外資を規制すればよいわけでありますが、その外資の手先になる会社もたくさんあるわけでありまして、抜け道なんぞたくさんでいそうでありますね。

実質的経営者に懲役2年8月=雇用助成金詐取-東京地裁
(2017/06/14-16:19)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017061400893&g=soc

→ 5,000万近く詐欺って、1.2億円脱税をしても、懲役3年いかないというのは甘い気もします。詐欺が甘いのは政治家の子息がやらかしたときに・・・っていうのは本当でありましょうか、都市伝説?

鹿児島・霧島のメガソーラー建設 防風林計画変更を県が許可 隣接民家に強風直撃 [鹿児島県]
2017年06月15日 17時00分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/335840/

【急きょ防風フェンスが設置されたが、4月に強風で吹き飛んだ。】
→ 防風フェンスになっていないですね。

2017.6.16 18:04
東海4県で脱税16億円、3年ぶり増加 名古屋国税局
http://www.sankei.com/west/news/170616/wst1706160069-n1.html

【担当者は「市場が急拡大した太陽光発電事業者など社会情勢に即した事案に取り組んだ」としている。】
→ みなさん、ターゲットにされていますよう。もっとも、やましい点がなければ、ちょっとめんどくせということはあっても、何も問題はないわけでありますが。

太陽光条例案 罰則の有無をめぐり議論(山梨県)
[ 6/19 19:14 山梨放送]
http://www.news24.jp/nnn/news88810656.html

【19日の特別委員会では出席した議員から違反した場合の罰則を設けないと効力がないとした意見があがった。】
→ 何かしらの罰則のようなものがないと効力がないのは事実でありますね。

不動産投資家が参加する「大家の会」に入会するのメリットは?
https://zuuonline.com/archives/156758

【どの大家の会の特徴を見ても共通する目的はギブアンドテーク。空室対策、家賃滞納、原状回復でのトラブルや税金対策などの問題を大家たちでシェアし、常に最善策を会員たちの手で探し求めるというスタンスだ。】
→ いろいろな集まりがあるようですが、中には、テークアンドテークな・・・。

宇佐美典也
2017年06月15日 22:23
脱サラからの4年半を構造的に振り返る(後編)
http://blogos.com/article/229200/

【2014年になると太陽光業界で知り合った仲間と小さな会社を作って、一人を脱して会社でメガソーラーの電源開発と仲介をやるようになった。これは狙いが明確だったので、初めから比較的うまくいって、2014年の年末に初めて高圧案件の取引に成功し、数千万円規模の利益が上がった。】
【2015年は太陽光発電業界のバブルがまだ弾けきっていない時期だったので、この年は複数案件の取引に成功してそれなりに利益が上がってなかなかいい時期】
→ 利益が数千万円だそうですよ、うらやまでありますね。

■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量・過去の実績弊社発電設備の発電実績 から、ご覧いただけます。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量(AC側)に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930