パブコメに対する回答に対する質問募集のパブコメでもやったほうがいいんじゃないですか

例のアレのお上の回答の中にこんなものがありました。

再生可能エネルギーの最大限の導入と国民負担の抑制の両立という趣旨に鑑みると、出力を増加させる場合については数値の条件なしにすべからく価格変更の伴う変更申請とすることも考えられますが、関係事業者・関係団体へのヒアリングを行った結果、低圧施設での大規模な故障等が起きた際に効率化されたパネルを使用することを考慮して、一定程度の余裕を持たせることが適切と判断し、3%の要件を設けました。一方で、比率要件だけでは低圧施設が高圧施設よりも不利になるため、100kW(事業用太陽光の認定案件におけるおおよその平均)の場合に3%となる3kWの要件も課しました。

これ、謎回答の1つであります。「低圧が不利にならないように、3kW未満であれば3%以上であってもセーフにしてやる(価格変更の対象とはしない)」というのが普通の読み方ではと思ったのですが、そうではないようです。ちょっと分解してみましょう。

再生可能エネルギーの最大限の導入と国民負担の抑制の両立という趣旨に鑑みると、出力を増加させる場合については数値の条件なしにすべからく価格変更の伴う変更申請とすることも考えられますが、

ちょっとでも太陽電池容量をいじったら全部価格変更いてまうぞという方法もあったんやけど、

関係事業者・関係団体へのヒアリングを行った結果、

そこらへんのちょっと詳しそうな奴、一部のでかいソーラーぎょーさんやっとる事業者とか、西新橋あたりの業務委託先の団体(ただし委託業務はその手下のなんとかセンターがやっとるけどその団体そのものには文句行ってくんなよ宣言)に聞いてみたんやけど、

低圧施設での大規模な故障等が起きた際に効率化されたパネルを使用することを考慮して、

低圧の施設で太陽電池パネルを新しいのに交換したときに、そのときには太陽電池容量が大きくなっとるやろうから考慮してやって、

一定程度の余裕を持たせることが適切と判断し、3%の要件を設けました。

3%未満やったら増えても価格変更の対象にせーへんことにしてやったで。

一方で、比率要件だけでは低圧施設が高圧施設よりも不利になるため

3%というパーセント、要するに比率だけの条件やと、同じ3%やというてもそのの量が小さい低圧施設がかわいそうやから、

100kW(事業用太陽光の認定案件におけるおおよその平均)の場合に3%となる3kWの要件も課しました。

3%以上になってても、3kW未満やったらセーフゆうことにしてやったで。

・・・ということだと思っていたのですが、

御指摘を踏まえ、条文を「3キロワット未満かつ3パーセント未満の変更の認定を除く」に修正いたします。

えっ? であります。「御意見」の趣旨は、高圧でウマウマやってる奴らは3%って結構な容量になるだろ、うらやまけしからん、取り締まれ!だったはずであります。他方、お上の原案の趣旨は低圧はちょっと甘くしてやるよ、3kW未満な、趣旨だったわけでありますから、両方の趣旨を合わせると、「3キロワット未満かつ3パーセント未満の変更の認定を除く」ではなく、単純に「3キロワット未満」でいいのではと思うわけであります。

「都合のええコメントもろたから、高圧のウマウマを厳しく取り締まったるわ」なふりをして、しっかり「やっぱ低圧も厳しくするわ、原案では一応考慮してやろうと思っていたけどめんどくさいから全部厳しくしたれ」というのは、これがお上の目指す方向性であり本音なのでありましょう。そういう方向性をわかった上で、事業とか、事業のようなものには取り組まないとであります。

それでもイケイケでこれからも攻めるぞという方も、そろそろちんまり草刈り&その後は温泉でも入りながら未来のエネルギーを考えるぞという方も、こちらをクリックであります。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 

■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量・過去の実績弊社発電設備の発電実績 から、ご覧いただけます。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量(AC側)に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■■ お知らせ(4)
次回の情報交換会(JK27)は9月と考えていましたが、もしかすると9月も10月もなしで、11月といえば例によって忘年会かもしれません。日程に関するご意見・ご要望をお待ちしております。また、次回の「えびソーラー」での雑草を観察する会は9月10日(日曜日)を予定しております。草刈りでの対応は非効率なところだけ、除草剤を試してみましたが、効果は如何にであります。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930