おすすめニュース19点盛り(秋分の日も過ぎたわけでますます日が短くなりますよの巻)

法律制度Q&A
太陽光の事後的過積載、制度改正は不意打ち?
再エネ政策の最新動向と今後の制度改正のヒントを弁護士が解説
川本 周=西村あさひ法律事務所・弁護士
2017/09/01 05:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/031400074/083100006/

【今回の改正案に関する意見募集の開始が「なっとく!再生可能エネルギー」の新着情報に表示されたのは、筆者の見る限り、募集開始から1週間以上が経過し、事後的過積載規制について業界紙が報道した後の7月14日の午後になってからでした。】
→ 忌憚ない意見なんぞ求めていないのです、お上は。忌憚がなさすぎる輩が多いせいかもしれませんが。

【バイオマス発電は、FIT制度の設計や運用に新たな変更が行われないか、引き続き注意が必要な分野だといえるでしょう。】
→ まあ当然でありますね、もっとも、ほっておいてもパネルがそれなりに発電するかもしれない野良ソーラーとちがって、燃料がなければタダの・・・でありますから、さあどうなりますことやらであります。当ブログ主は風力とバイオマスについては遠くから見守っていようと思います。

経産省、2MW以上のメガソーラーも「事後的過積載」規制へ
入札指針を変更し、「3kW以上のパネル増設」を取消条件に
金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/09/14 17:23
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/091409180/

【「事後的過積載の事実上」の禁止により、今後、認定取得の際、パネル容量に関しては、当初計画の2割増しで申請しておき、そこまでパネルが積み増せなかった場合、「20%以内の減少」の届け出によって、一度取得した認定を保持する、という形が増えそうだ。】
→ こういう方法が健全なのかどうかよくわかりませんが、まあ、健全かどうかなんかより規制をすることが自分たちの存在意義と思っているフシもありますから致し方ないのかもしれません。2割増し、ではなく、「25%以上にならないぎりぎり」増しとするのが正解でありますね。当初計画のパネル容量を100とすると、2割増しの120で申請してしまうと、96超120以下のパネル容量になら変更ができるわけですが、25%増しにならないぎりぎりの124.9999…で申請すると、100以上125未満のパネル容量にできるわけであります。

太陽光発電、価格入札指針を見直し/事後「過積載」に対処
2017/09/12
https://www.denkishimbun.com/archives/18462

【経済産業省は11日、改正再生可能エネルギー特別措置法(改正FIT法)に基づく、大規模太陽光発電の買い取り価格入札が10~11月にかけて実施されるのを受け、入札実施指針の一部を改正した。事業者がパネルの枚数を積み増して売電収入を増やす「過積載」に関して落札者の取り消し要件などを追記した。調達価格等算定委員会からの指摘を踏まえた。】
→ へぇ。いろいろとお詳しい方からの指摘という話もちらほらと聞きますが。

九電、太陽光電気供給増で 今秋一時停止要請も
15日から訓練
2017年09月09日 09時58分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/461927

【九電の担当者は「秋はエアコンなどの電力需要が大幅に減り、需給のミスマッチが大きくなれば制御する可能性が出てくる。訓練結果を参考に準備したい」と語った。】
→ 電力会社の中の方も大変であります。他電力との連系線を太くしろという話もあるわけでありますが、再エネ拡大は結構でありますが、事業者のようなもの方々のウマウマ拡大のためなら考えものであります。

2017.9.14 07:03
太陽光バブルで需給に乱れ 揚水発電稼働が急増
http://www.sankei.com/region/news/170914/rgn1709140059-n1.html

【午後1時、約770万キロワットの需要に対し、太陽光発電による出力が約565万キロワットと7割を超えた。】
【1時間で130万キロワットも落ち、供給不足の局面となった。九電は火力発電の出力増に加え、小丸川など揚水発電所で、水を落として発電に切り替えた。】
→ 結構大変だと思うわけでありますが、買え買え、1kWh残らず買え、再エネは国策だろと、ガンガン言うのはかなりなんかなあと思うわけであります。

藤本健のソーラーリポート
太陽光発電オーナーが再確認すべき「事業計画書の提出」について
藤本 健
2017年8月31日 07:00
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/solar/1077385.html

【「事業計画書の提出を請け負います」という案内をしている会社もあるようだ。】
→ 何の取引もないのにこんな案内をしてくる会社、何か下心があると思ったほうがよさそうであります。

【筆者も昔サラリーマンをしていた時代に、新規事業を企画するにあたって事業計画書を書かされた記憶はあるが、もう何をしていたかなんて覚えてないし、そんな難しいものを今書ける自信はない。だいたいの売電の金額と、借金返済のスケジュールは考えているので、それを元に収支などをExcelでまとめていけばいいのだろうか……などと考えていたら、実は「事業計画書」という言葉の響きとはかけ離れた、もっと単純な書類の提出に過ぎなかった。】
→ かけ離れていますね。まあ、難しい荘厳なものを要求すれば、コンサルのようなものが1枚10万とか20万で請け負ってそちらはウマウマですが、お上にはヒツジかヤギの餌が山積みであります。

【資源エネルギー庁の問い合わせ先窓口に電話をしてみたところ、「どうしても電子申請がしたいですか?」と不思議なことを言われた。】
→ 不思議なことを言われただけでよかったですね、ウソを言われるよりもずっとよいです。

カナディアン・ソーラー、鳥取県に太陽光発電所を建設
エネクトニュース 2017年9月6日 20時00分 (2017年9月7日 20時35分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/science/20170906/Leafhide_eco_news_dUeJqzZzt4.html

【総出力は27.3MWで、年間想定発電量は26,259MWhを見込んでおり、発電された電力は20年間のFIT契約に基づいて、1kWhあたり40円で中国電力株式会社に売電されるとのことだ。】
→ 27.3MWで40円ですか、国民負担の増大ガーでありますから、ちがうほうの中国に売ってください(笑)。

2017年1-8月「太陽光関連事業者」の倒産状況
公開日付:2017.09.07
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20170907_01.html

【このままのペースで推移すると2000年の調査開始以降、年間最多だった2016年の65件を上回り、2017年の「太陽光関連事業者」倒産は過去最多を記録する可能性がある。】
→ こればかりはいたしかたないですね。

[ オピニオン ]
社説/太陽光パネルの廃棄処分ー環境負荷を招く“負の遺産”にするな
(2017/9/12 05:00)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00442688

【再生可能エネの固定価格買い取り制度により、全国に太陽光発電設備が増えたことは望ましい。それが将来、廃棄されたまま“負の遺産”にならないよう取り組んでほしい。】
→ 全く同感であります。事業者のようなものの方の中にはいろいろな方がてアレであはありますが、そうでない方が多数であってほしいと思うわけでありまして、適正な廃棄をお願いしたいものであります。

太陽光パネル廃棄で不適切事例、総務省が改善勧告 感電・有害物質の対策せず
2017.9.9 06:08
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170909/cpd1709090500001-n1.htm

【環境省はパネル処分に関するガイドラインを策定しているが、「不明瞭で非実用的」との業者の声もあり、総務省は有害物質を簡単に確認できる仕組みや、適切な埋め立て方法の明示が必要としている。】
→ お役所仕事でありましょうか。まあ、中には本当にお役所ならやらないようなあらっぽいことをするお役所もあるようではありますが。

太陽電池と熱電素子の「ツイン発電」、追尾集光で効率25%
電気と熱利用のハイブリッドで総合効率65%
工藤宗介=技術ライター
2017/09/14 11:57
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/091409166/

【集光した太陽エネルギーのうち25%を電力として、40%を熱(高温水)として回収することで、合計約65%の総合効率を実現したという。】
→ これはぜひ量産・普及をお願いしたい技術でありますね。

ニュース
世界最大の700MW集光型太陽熱発電所、ドバイで建設へ
大場 淳一=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/09/20 12:51
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/092009215/

→ 700MWの太陽熱発電、壮観でありますね。私もアラブの富豪とかなんとかだったら、やってみたいものであります。

2017.09.13 WED 08:00
電力会社が原発に「終わり」を告げ、太陽光発電とバッテリーへの投資に動き始めた
https://wired.jp/2017/09/13/florida-power-company-exchanging-nuclear-plans-for-solar-plans/

→ まだまだ伸びる余地はありそうですが、バッテリーがどのくらいお安くなるかがかなり重要なポイントでありますね。

メガソーラー・トラブルシューティング
ペンキのようにべったり、発電量を下げる水鳥のフン
冬は乾燥でさらに落ちにくく
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテック研究所
2017/09/07 05:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/302961/090500059/

【鳥のフンは、雨によってある程度、洗い流されることもある。しかし、冬は乾燥する日が多く、雨も少ないために、残りやすい】
→ 残ると結構やっかいであります。こまめとはなかなか言えないかもではありますが、見つけたら始末しておきたいものであります。

ニュース
群馬県、太陽光保守事業者の登録制度を開始、改正FITに対応
工藤宗介=技術ライター
2017/08/31 11:24
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/083108987/

【登録制度では、保守点検事業者のデータベースを作成するとともに、登録事業者に対して太陽光発電設備の保守点検に関する研修会の案内など、保守点検に関する有用な情報を提供する。太陽光発電の保守点検の実施に向けた広報・啓発を行い、地域の太陽光発電へのサポート体制を構築する。】
→ データベースを作成するのはきっと県でありますから、有用な情報を提供するのも県なのでありましょうか。お上の提供する「有用な情報」とは何なのかという気もちょっといたしますが、有用な情報と称して広告メールをじゃんじゃん送ってくるとこかよりはよいのかもしれません。

不動産ニュース / 調査・統計データ
2017/9/13
既設太陽光発電向けサービスの市場拡大へ
https://www.re-port.net/article/news/0000053224/

→ そりゃ、ウマウマでチャリンチャリンしているところから¥をいただくような商売が伸びるのは当然であります。

2017.08.30 WED 08:00
風力発電所のハッキングはあまりに簡単だった──米大学の侵入テストで判明
https://wired.jp/2017/08/30/wind-turbine-hack/

→ 結構物騒な話であります。完璧なセキュリティはなかなか難しいのかもではありますが、もう少ししっかりやらんとです。

2017.9.7 20:08
パナ、滋賀の太陽電池生産終了へ 従業員は配置転換
http://www.sankei.com/west/news/170907/wst1709070093-n1.html

【一方で、セルと呼ばれる太陽電池の基幹部品は利益率が高く、海外で需要の伸びが見込めるとして販売を強化する。島根県雲南市の工場は生産体制を維持し、稼働を一部休止している大阪府貝塚市の二色の浜工場は29年中の再稼働を目指す。】
→ 業界はなかなか厳しいようでは、セルでしっかり稼いでください。期待しています。

トップが語るエネルギー市場の“今”と“未来” Looop初合同セミナー開催!
2017.9.12 11:02
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170912/prl1709121102038-n1.htm

【プログラム(予定):
(1)トップによる企業プレゼン(3社)
(2)トークセッション
(3社のトップが日本のエネルギー市場の“今”と“未来”について語ります)
(3)懇親会&名刺交換会】
→ あの大きな社長さんと懇親して名刺交換ができるのでありましょうか。お会いしたことはないのではありますが、アクティブな方でありますね。

土地付き太陽光発電物件の投資説明会 「発電年金」名目で個人狙う
2017年9月12日掲載
https://www.kankyo-business.jp/news/015599.php

→ なんだか有名ブロガーさんのブログか、某海に近い方面の業者さんのブログのタイトルのようであります。なんとかスタイルさん、説明会は結構だと思うのではありますが、ハチャメチャすぎるようなスタイルでイケイケが過ぎると後が大変なのではという気がいたします。

■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量・過去の実績弊社発電設備の発電実績 から、ご覧いただけます。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量(AC側)に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■■ お知らせ(4)
JK27 (第27回情報交換会)は、9月27日(水曜日)開催予定でありますよ。例によってgdgdされたい方はぜひお越しください。詳しくはこちらをご覧ください。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930