再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会を設置します、だそうですよ。

担当
資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部
新エネルギー課長 山崎
電力・ガス事業部電力流通室長兼省エネルギー・新エネルギー部政策課制度審議室長 那須
担当者:梶、山下

再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会を設置します(METI/経済産業省)
再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会を設置します

ということで、これは今後の展開が見逃せません。政令変えてでもなんでもやっちまうもんね文句があったらパブコメよこせパブコメ来たらコピペ返しだ、・・・なんてことがまたなければよいですね。えっ、また?

さて、何をする委員会かというと、こういうことだそうです。

本件の概要
経済産業省は、今後の再生可能エネルギーをめぐる政策課題を検討する場として、新たな有識者会議である「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」を設置し、検討を開始します。

1.設置の趣旨
2030年度のエネルギーミックスを着実に達成するためには、再生可能エネルギーをコスト競争力のある主力電源にし、その大量導入を持続可能なものとすることが必要です。
世界的には、再生可能エネルギーの導入拡大に伴い発電コストが低減し、コスト競争力のある電源となってきています。一方、我が国においては、2012年7月のFIT制度導入以降、急速に再生可能エネルギーの導入が進んでいるものの、その発電コストは国際水準と比較して依然高い状況です。
また、再生可能エネルギーの導入拡大が進む中、従来の系統運用の下で系統制約が顕在化しているほか、調整力の確保やFIT制度からの自立に向けた事業環境の整備など、新たな政策課題も浮き彫りになってきています。
このため、総合資源エネルギー調査会省エネルギー・新エネルギー分科会及び電力・ガス事業分科会の下に「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」を設置し、再生可能エネルギーの大量導入とそれを支える次世代電力ネットワークの在り方について、政策対応の具体化に向けた検討を行います。

2030年度のエネルギーミックスを着実に達成するためには・・・ってことは、アレの着実な再稼働も込みでしょうから・・・なんてことは委員会の名前には入れられないから次世代なんとかの一部になっているのでありましょうか。

発電コストがなんで高いかって、そりゃ、手間やらリスクを織り込んだ上でウマウマできなきゃ、イケイケ投資家は食いつかないわけで、リスクといえば「野良ソーラーはクズ!」と言わんばかりの制度変更だったり、電話してもつながらないわ、言うことはどこまで信用できるかわからんお上とかJピーAだったり、いつ連系できるかわからない(これは電力会社さんが全部悪いとは思いませんが)昨今の状況だったりというのもリスクなわけで、リスクな人たちが「うらやまけしからんから嫌がらせしろ」「施工コストはもっと下げろ」と言ってばかりではどうかと思わけであります。

パフォーマンスでもいいので、まずは、お上がJピーAを怒鳴りつけることくらいはしないといけないような気がします。

で、次世代電力ネットワークって、「ハゲタカ外資と政商メガソーラー・風力と、屋根ソーラーと、再稼働なアレと電力会社さんなどのその他の発電所と、補助金な蓄電池と、それをつなぐ線」ということでよいのでありましょうか。そうでないもう少し「自立」「自律」的なものが多いほうが自然なような気がしますが・・・。

そんなことより、とにかく、JピーAは早く処理してよという方はえい!えい!えい!っとクリックであります。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 

■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量・過去の実績弊社発電設備の発電実績 から、ご覧いただけます。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量(AC側)に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■■ お知らせ(4)
次回のJK、JK29 (第29回情報交換会)は2018年1月10日(水曜日)ということで内定しました。滅多なことで内定取り消しなんてしませんよ。ということで、レギュラー陣の方もそうでない方もよろしくお願い申し上げますです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました