だいたい結論の出ているプロレスのような例のパブコメ募集でありますが。


パブリックコメント:意見募集中案件詳細
工業 /エネルギー、資源
電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案等に関するパブリックコメントについて
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620118004&Mode=0

案件番号 620118004

定めようとする命令等の題名
電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令等

根拠法令項
電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法

行政手続法に基づく手続であるか否か
行政手続法に基づく手続

問合せ先
(所管府省・部局名等) 資源エネルギー庁
省エネルギー・新エネルギー部
新エネルギー課

案の公示日 2018年02月07日
意見・情報受付開始日 2018年02月07日
意見・情報受付締切日 2018年03月08日

すでに、下々からの想定されるコメントに対する、「お上の考え方」のテンプレの準備が進められていることと思います。

「委員の方々からの、お上の意に沿ったありがたいご意見でできあがった省令等の案を、下々の金儲け目当ての意見で変更なんかするわけないだろ」という気もしないでもないのですが、参加することに意義はあることもあるわけで、言いたいことがある方は言っておいたほうがよいと思います。

当ブログをご覧になっている方で影響があったり関心がありそうなところは

  • 太陽光(10kW以上2MW未満)は18円に
  • 小型風力(20kW未満)(今年度まで55円)は区分が廃止され大型風力と同じ区分に

でありますね。55円だからウマウマ~と言って、太陽光のバブルの二番煎じ期待で参入した方々に手痛い仕打ちをするのはお上の本能としては当然でありますし、世論もそうでありましょう。禿しくゴネるロビーがいなかったのですから仕方ありません。

また、FIT制度の趣旨から考えると、そこそこの年数後の価格低下が見込めない=競争力を持てない電源に世間様からいただく補助金のようなものを突っ込むのは趣旨に反することは言うまでもありません。「FIT全体からすると大した金額じゃないんだからいいんじゃね?」という言い分はどうなのですかねと思うわけであります。

他方、いかにもAMKDRな認証制度で時間稼ぎをして、結果、稼働実績がろくすっぽないのに、これをさも正当なコストデータと称して判断することを妥当としてしまうお上のご意向の委員のみなさんもちょっとどうかなと思うわけであります。将来の価格低下の可能性をしっかり検討した上で「こりゃだめだ」とするのならまだしもでありますが、まあ、ここでごちょごちょ言ってもなんとか課長が決めたことですからきっとどうにもなりませんし、ロビーもなんだかスジがあまりよろしくないようであります。

パブコメに意見を反映されたい方は、お上のご意向に沿った突っ込み、お上に都合のいい指摘をすればきっと反映されますよ。1,000件以上コメントがあってもアレでしたからね、ええ、事後的過積載なアレです。

再エネのコストを本気で下げるつもりがあるのであれば、無駄な規制・無駄な手続き・無駄なAMKDRをと潰すとともに、処理を滞留するようななんとか代行センターみたいなものの仕事っぷりもお上が強力にどうにかするとか、そのあたりを期待したいわけですが、期待するだけ無駄かもしれません。

そうねという方も、もしかしたらそうかもしれないという方もこちらをえいっとクリックであります。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量・過去の実績弊社発電設備の発電実績 から、ご覧いただけます。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量(AC側)に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■■ お知らせ(4)
次回の情報交換会(JK30: 第30回情報交換会)は2018年3月開催予定です。この記事にありますとおり、最終回の情報交換会(JK)ですので、初めての方も、懐かしい方もお気軽にご参加ください。本当に次のJK (JK31) はありません。会場は新宿駅近辺の例の場所です。日程に関するご意見・ご要望を受付中です。


About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728