おすすめニュース20点盛り(エイプリルフールですが普段どおりですよの巻)


2018年3月30日 夕刊
再生エネ、2050年主力に 経産省が素案
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018033002000260.html

主力化への可能性が大きく拡大している電源

→ 主力とは書いていませんから誤解をしてはいけません。主力「化」でありますし、さらに「の可能性」であります。まあ、今のところはそういうことですね。


2018.3.17 15:00
【スゴ技ニッポン】
固定価格買い取り制度終了「2032年問題」をどう乗り越えるか
http://www.sankei.com/economy/news/180317/ecn1803170001-n1.html

「安い価格でしか電力を買い取ってもらえなくなるかもしれない。また、設備の減価償却は終わっているが、古くなってメンテナンスに費用を要する可能性もある。『果たして事業として続けられるのか』と判断を迫られる時期が近い未来に必ず訪れる」

「事業者にとっての選択肢は再投資や建て替え、一部改修による事業継続と、撤去・廃棄した上で更地にして地権者に返還-に大きく分かれてくる。その際の判断要素は改修に必要な設備投資の額や、事業を継続した場合に期待できる利回りなど。撤退の動きが顕在化したら、本当に主力電源になるのかという懸念がある」

→ 両目が「¥」な方が少なくないようでありますから、にんじんをぶら下げないととっととやめてしまいそうでありますが、そういう「¥」な方から発電設備を引き取るようなビジネスが拡大できる素地があるとよさそうであります。

「既存事業者が発電を続けることを躊躇(ちゅうちょ)する半面、地権者が用地の継続利用を望むのであれば、発電設備を地域密着型の新事業者に引き継ぐことも一案だ。減価償却済みの設備であれば安価に譲渡することが可能なので、手が届きやすい。こうした新事業者が近隣の電力会社(地域PPS)に対して低価格で卸売りすれば、地方創生の一助にもなる。その一方で事業継続に向けた議論が活発化することに期待を寄せている」

→ これはよさげでありますが儲かる話だと「¥」な方が「おれがやる」とか言い出しそうでありまして、電力会社としてそれなりの実績があるところ限定にしたほうがよさそうであります。


2018-03-27
なぜ、太陽光などの「出力制御」が必要になるのか?~再エネを大量に導入するために
http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/qa_syuturyokuseigyo.html

なお、「出力制御をする代わりに、その時に失われた利益を再エネ事業者に補償する」という考え方もあり、ドイツなどで採用されています。しかし、前述したように、日本では一定の出力制御があるという前提の下で、FIT制度が運用されています。また、仮に出力制御が起きた場合に補償をおこなうとすると、再エネの電気を活用できないのに国民負担が発生してしまうことになります。出力制御が起きそうなところにあえて発電所を作り補償金だけ得ようとする事業者が出てきて社会問題となったイギリスの事例もあり、留意が必要です。

→ イギリスにも「輩」がいるのでありますね。


2018/03/19
ニュース
浜松市、太陽光発電所を実地調査、改正FIT法の順守を確認
http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/031910895/

2018年3月末で経過措置の期間が終了することから、約770事業者の太陽光発電施設約1700カ所を訪問し、標識やフェンスなどが適正に設置されているかを調査する。

調査は抜き打ちで実施し、現地で写真撮影なども行って設置状況を確認する。不適正な発電設備および事業者には注意喚起を行う予定。具体的な注意喚起の手法については調査終了後に検討する。

→ 市の予算で実地調査ということでありますが、このお仕事を受託した業者さんは、結構楽しそうでありますね。いろいろとすぐに指摘事項が見つかりそうであります。確認されることにプンスカしているのか、税金を使ってアラを探されることにプンスカしているのかはよくわかりませんが、とにかくプンスカしている発電事業者のようなものの方もいるようですが、やましいことがないように準備をしておきたいものであります。


2018/03/28
ニュース
再エネにも「発電側基本料金」導入、買取価格の調整が議論に
http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/032810933/

「発電側基本料金」とは、電力系統の設備コストの一部を最大出力(kW)に応じて、発電側事業者に課金する仕組み。現在、電力システム改革の一環で検討が進んでいる。

→ 公平にやるならよろしいのではないかと思います。公平になら。あまり公平ではなさそうではありますが。

同小委員会では、こうした方向性に異論がなかった。ただ、一部の委員会から、「既存FIT電源のうち、利潤配慮期間の高いIRR(内部収益率)を元に算定した調達価格の案件についてまで、調整措置を適用する必要はない」との意見もあった。

→ お気持ちはわかりますが、そのお気持ちをぜひ、ウマウマ買取価格なメガソーラーをゆるゆると今どきのコストでお作りになる、国民負担の点で問題な事業者さんにもぶつけていただきたいものでありますね。


2018/03/13
ニュース
大分・日出町に53MW、カナディアンがメガソーラー建設
新生銀が融資、EPCは九電工と大林道路、パワコンはTMEIC
http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/031310876/

固定価格買取制度(FIT)に基づく買取価格は40円/kWh(税抜き)で、稼働後は九州電力に売電する。

→ これは国民負担を増大させる、実にうらやまけしからん案件ですね。


2018/03/20
ニュース
南相馬市で合計11MWの営農型メガソーラー、パネル下にミョウガ
http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/032010897/

→ 11MWのいわゆるソーラーシェアリングでありますか。これは大迫力でありますね。


2018.3.19 07:05
【静岡知事会見抄録】
森林破壊招くメガソーラーは規制
http://www.sankei.com/region/news/180319/rgn1803190044-n1.html

「森林破壊はやめなくてはならないので、森林を伐採して太陽光パネルを設置することは大きく規制していく。伊東市長も伊東市議会も県も似たような動きをしている。だから、あれかこれかではなく両立を図りたい。景観も大事にし、太陽光パネルの設置がふさわしい場所と太陽が当たる斜面があって景観上不快な感じを与えないというのであれば、規制する理由はない」

→ 残すべき森林、片づけたほうがよい森林。そのへんの線引きがまた難しそうであります。


2018/03/20
ニュース
2022年度の「再エネ比率」を50%超に、太陽光だけで3割、鹿児島県が目標
太陽光の経済波及効果は2317億円、就業誘発数は2万3047人に
http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/032010900/

政府の決めた2030年における国全体のベストミックス(望ましい電源構成)で掲げた再エネ比率22~24%(太陽光だけの比率は7%)となっている。鹿児島県の再エネ比率目標は、県内の電力需要に対する県内立地の再エネ発電量の比率で、実際の需給バランス制約などを加味していないため、単純に比較できないものの、見かけ上、国のベストミックス目標を2015年度に達成し、2022年には2倍近い目標を持つことになる。

→ 九州電力の中の方は大変であります。


週間ランキングから
雪が溶けず太陽光の出力が大幅減。東京エリア1月23日の不足インバランス800万kW超
太陽光の振れ幅大きく、需給逼迫の一因に
2018年3月20日
https://www.denkishimbun.com/sp/26062

太陽光の導入量は今後も拡大する見通しで、想定が外れた場合の影響はますます大きくなる。

→ 買え買え、パワコンの電圧上昇抑制が発生したからなんとかしろと、ゴネゴネプンスカするだけの事業者のようなものとはちがって、電力会社さんは大変であります。


「わたしたちの暮らしとエネルギー~エネルギーの『今』を考える~」
https://373news.com/_koukoku/kurashi_energy/

主催:九州エネルギー問題懇話会  後援:南日本新聞社・九州経済産業局  協力:九州電力

→ タイトルからだいたい話の展開は読めたのでありますが、「九州エネルギー問題懇話会」って、ああ、なるほど、そういうことでありますね。


2018.3.20 07:09
羊頭狗肉のエネルギー地産地消 新電力の再エネ供給は3~4割どまり
http://www.sankei.com/region/news/180320/rgn1803200011-n1.html

電気という重要な社会インフラに関わる企業は、将来も見据えて安定供給の責任を負うべきだ。事業には持続可能性が求められる。新電力の現状をみると、「地産地消」など立派な看板に、中身が追いついていない。

→ 確かに羊の頭はたくさんありますが、とはいえ、読者に与える印象は実に産経らしい記事であります。


イギリスで風力発電量が毎時14ギガワット(原発14基分)の新記録達成 全体の37%にも
2018.03.18 17:00
http://getnews.jp/archives/2026677/

風力発電はまだコストが高く、風力の割合が増えると料金も激増することが分かる。発電量が不安定で、多い時と少ない時の差が30倍にもなるのも困りもの。ただ、同じ島国であり定期的に台風のやって来る日本も、イギリスの洋上風力発電から学べるところは多そうだ。

→ 学べるところは学んでバランスよく再エネ拡大をお願いしたいところであります。


シーメンスやGEが大型風力発電機 火力・原子力代替狙う
環境エネ・素材
2018/3/20 21:00日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28378180Q8A320C1TI1000/

風力発電機の大型化競争が激しくなってきた。独シーメンスは2020年代前半に、出力1万キロワット以上の洋上風力発電機を発売する方針を決めた。出力が現在の主力機種の1.5倍以上の大型機を洋上に並べて大規模な風力発電所をつくり、原子力や火力を代替する狙いだ。米ゼネラル・エレクトリック(GE)や三菱重工系も大型化を計画しており、風力を基幹電源に育てる動きが世界で広がってきた。

大型機の発売計画は、シーメ…

→ 日本の風況・環境に合った風力発電機がどのくらいのコストでできるのかというところに関心があります。


国内原発の8割が消える? 「 伊方廃炉ショック」の真実
2018-03-30
https://maonline.jp/articles/ikata_hairo180328

当時は官民で「奪い合い」をしていた原子力発電事業が、今や「押し付け合い」になっているとは、何とも皮肉である。

→ 歴史は皮肉なものでありますね。


年間5000世帯分を発電 冷却効果、水質改善も 市原・メガソーラー
2018年3月21日 05:00
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/484542

このような水上の有効活用は、太陽光パネルの設置可能な土地が少ない日本ではソーラー事業の救世主的存在。陸上の太陽光パネルは気温が高いと発電量が下がる特徴があるが、水上では冷却効果が得られ、発電量を向上させるメリットも期待できるという。

→ 土地が限られてくる中、経験・データの蓄積が進んで、水上の活用が適切に進むとよいと思います。


2018/03/27
メガソーラー探訪
上野原のメガソーラー、スネイルトレイル大量発生、積雪の影響は?
イノシシの仕業で排水路の機能低下も
http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/302960/032600135/

排水の機能が損なわれ、雨の後に排水路から水が溢れるようになる。この影響で、近くにあった電線を収納した樹脂製の配管の中に、この溢れた水が流れ込んで接続箱まで逆流し、接続箱が停止してしまうトラブルが生じた。

→ 侮れないイノシシであります。捕獲してぼたん鍋にしてやりたいですね。


エネルギー/市場
発電所の「擬人化」漫画、関電が制作/女子目線で性格描き分け
2018/03/22 3面
https://www.denkishimbun.com/archives/26080

火力、原子力、太陽光の各発電所が「発電系男子」となり、「でんりょくハウス」で共同生活を送る内容になっている。

→ 発電投資系男子の生態もぜひお願いします、結構えげつないものができるかもでありますよ。


現場から@エネ教育
再エネ急増、火力の“苦労”を疑似体験。エネルギーを学べる実験器具
豆電球よりLEDが負担軽く。2人で発電するときは息を合わせて
2018年3月28日
https://www.denkishimbun.com/sp/26349

もう一つの工夫は、盤に埋め込まれた電圧計だ。手回し発電機を2人で1台ずつ持ち、電圧を一定に保てるように息を合わせて発電するという使い方をする。片方の発電機を回すスピードを急に変化させると、もう一方が対応するのは大変だ。

これは、天候次第で出力が大きく変わる再生可能エネルギーと火力発電の関係を表している。蓄電池に見立てたコンデンサーを盤に取り付けると電圧が比較的安定することも体験できる。

→ これはわかりやすいですね。


エコスタイルがビットコイン決済サービス導入開始 土地付き太陽光投資、仮想通貨での取引が可能に
2018年03月28日
http://toyokeizai.net/ud/pressrelease/5abafb237765612be3130000

この度当社では、お客様の利便性向上を目的として、ビットコイン決済サービスの導入を開始いたしました。

→ 利便性がどう向上するのかさっぱりわかりません(笑)。


 

About the author

2 thoughts on “おすすめニュース20点盛り(エイプリルフールですが普段どおりですよの巻)”

  1. まだ全部読んでいませんが、楽しい記事と vivid な解説、ありがとうございます。一通りいろんなことをチェックしたあと、まったり読まえてもらうのに、とってもいい記事です。

    1. コメントありがとうございます。
      メモ代わりに気になった記事をまとめているという性格が多いものでありまして、
      お役に立てて幸甚であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30