お上が発表する「再エネの主力電源化を実現するために」


再エネが主力電源、か?、みたいなことを言うと、某スポーツ新聞であります。

http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/tokushu/saiene/shuryokudengen.html
2018-05-15
再エネの主力電源化を実現するために

2030年度のエネルギーミックスを達成した場合、FIT制度における買取費用の総額は年間3.7~4兆円程度になると考えられています。

ところが、2018年度時点で、買取費用の総額はすでに年間3.1兆円程度に達しています。もし、現在の高コストのまま再エネの導入が拡大していけば、国民が負担するコストは想定よりも増大してしまうおそれがあります。日本で再エネ大量導入を実現するためには、このコストの問題を避けて通ることはできません。

国便負担を気にしされるのなら、32円以上の太陽光は来月から新規での連系禁止連系したければ今年度の価格で、ただしパネルを3年前以上前に高い値段で仕入れているなら32円でもいいよ、ということでいかがでしょうか。32円とか36円あたりで今頃連系されているような方々は相当にウマウマですから、国民負担の低減のためにはまずはそこからやってください。えっ? 外資や政商やその他声の大きな方々怖い? そんなの理由になりません。まさか、あまり怖くない中小零細ならいじめてもいいなんてことは・・・。

また、再エネ事業者には小規模事業者も多く、将来、設備の刷新が必要となった場合などに、再投資がとどこおるといったことも起こり得るのではないかと懸念されています。

小規模事業者とはご縁のない、別世界の方のご懸念でありましょうか。たかが「届出」だけで半年も処理にかかるような、業界団体の手下のなんとかセンターで手続きをしなきゃいけないような事業なんぞ、おっかなくて再投資する気も失せるというものです。リスクが少なくて、そこそこ儲かれば小規模な事業者だろうが大規模な事業者だろうが、再投資するのではと思うわけであります。田舎の土地なんぞ簡単に売れるわけではないわけでありまして。

再エネ電源の立地と既存の電力系統が遠く離れていることから、それらをつなぐために、新しい電力系統を建設したり電力系統を増設したりすることが必要になる場合があります。しかし、新しい系統の建設にかかるコストは非常に高く、再エネを電力系統に受け入れるコストの増大につながります

土地が安いからと言って熊と狐しか住んでいないような田舎で発電事業をされる事業者とか事業者のようなものの方々が、相応のコスト負担をすればよいのではと思うわけであります。安い土地でウマウマ、固定価格買取でウマウマ、送るのは一般電気事業者に全部お願い、なんて制度がまちがっているのではないでしょうか。

太陽光や風力など一部の再エネは発電量が季節や天候に左右され、コントロールが困難です。条件に恵まれれば、電力需要以上に発電する場合もあり、そのままにしておくと需要と供給のバランスがくずれ、大規模な停電などが発生するおそれがあります。
再エネを大量導入し主力電源化していくためには、不安定な発電量をカバーすることのできる別の電源、つまり適切な「調整力」の確保が不可欠となります。この調整力の確保も、再エネの導入コストを増やすことになります

需要以上に発電したときにはお断りすればよいわけでありまして、お断りしない前提のために設備の設計が過剰になるのであればそれは社会全体から見ると大きな損失であります。そもそもお断りについてなかなかできないようにしていた仕組みが甘すぎたのではという気がいたします。調整力は確かにある程度は必要かもしれませんが、で、やっぱり火力も必要、もちろん原子力は言うまでもなく、やっぱり中小零細はイラネって流れになるわけでありますね、なんとなくわかります。

再エネが自立し、主力電源となるためには、長期的に安定した電源となることも必要です。FITによって再エネの導入は進みましたが、認定を受けても長期間稼働しない事業者や、事業終了後の準備が不十分であるなどの問題が指摘されています。

認定を受けても長期間稼働しない事業者はご退場願えばよいのです。ピンクのネクタイで「1年以内に運転開始しないと退場だぞ」とぐいっと締め上げればよいのではないでしょうか。日経なんとかのインタビューあたりで、政令いじればそのくらい簡単さ、くらいのことを言ってしまえば効果的であります。事業終了後の準備は、全額損金になる積立制度を作って、そこに強制加入にすればよいのであります。ただし天下りとか業界団体の手下とかは一切なしでお願いします。無理だと思いますが。

FITによる買取期間が終了したあとも発電を続けられる環境を整備していく必要があります。そのために、再エネを活用したビジネスについて開発・検討が進められています。

その前にお上におかれましてはピンクのネクタイで、業界団体の手下のなんとか代行センターの、たかが届出の受理で半年かかるアレをなんとかしてください。

系統制約の問題については、「つなげない」「高い」「遅い」という発電事業者の声に対して、総合的に対応していく必要があります。

こちらのほうはいろいろと複雑なのはわかりますので、なんとか総合的にお願いしたいわけですが、例のなんとか代行センターのアレすらどうにもしないお上が、もっと複雑な系統制約の問題に口だけだしてなんとかなるのでありましょうか。お上は「やれ」というだけで、あとは電力会社のみなさんが必死にやらされてブラック企業化なんてことはないようにお願いしたいです。

しかし、大量導入に向けた流れが変わることはありません。今後も再エネの主力電源化へ向けて、着実なあゆみを進めていきます。

原子力ムラ様のご機嫌を損ねない程度に着実に、主力電源化へ向けますが、主力電源の地位は・・・でありましょうか。

と、いろいろありますが、えいっとクリックで、ブロガーのみなさんの素晴らしいブログをご覧いただくと、いろいろと前向きになれるかもしれません。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)
弊社の発電設備の発電量・過去の実績弊社発電設備の発電実績 から、ご覧いただけます。なお、「ねぎ」「えび 1号」では TIGO Energyにより DC側発電量のみを監視しておりますので、DC側発電量を実際の売電量(AC側)に換算される場合には0.9くらいをかけてください。

■■ お知らせ(2)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■■ お知らせ(3)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■■お知らせ(4)
第1回太陽光発電メンテナンス研究会(TMK01)は、結成記念集会として、2018年7月ごろに都内にて開催予定です。日時のご希望がありましたらお知らせください。


About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031