太陽光で動く、無線LANでつながる、ケーブルいらずの例のカメラにホワイトモデルが登場


太陽光で動く、無線LANでつながる、ケーブルいらずの例のカメラを買ってみたと、太陽光で動く、無線LANでつながる、ケーブルいらずの例のカメラをとりあえず動かしてみたと、太陽光で動く、無線LANでつながる、ケーブルいらずの例のカメラをとりあえず取り付けてみたの続きみたいな記事であります。

太陽光とWi-Fiで完全ワイヤレス! 永続動作するWi-Fiカメラのホワイトモデル、ハンファQセルズジャパン「DVR-SL1-W」
日本家屋の外壁とマッチするホワイトカラー
2018年10月2日 12:05
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1145/816/index.html

今回のホワイトモデル発売は、8月発売のブラックモデルの好評と、ユーザーからの要望によるもの。日本家屋に多い明るい外壁にあう色を選択できるとしている。

だそうであります。パネルは黒いから、せめてカメラは白にしようという方にもおすすめかもしれません。ブラックモデルが品薄なようでありまして、代わりにホワイトモデルをえいっと入手ということも選択肢としてはあるかもしれません。

ところで、このカメラ、プレスリリースなどには「レンズ角度調整」ができるような記載がありました。

手動ということになっていますから、スマホのアプリでこっちむいてとか操作をするのか、それとも遠隔ではなく現地でカメラの向きをぐいっと変えられるという意味なのか、さて、どっちかいなと思ってメーカーさんに聞いてみたところ回答は、「お問い合わせの件でございますが、アプリケーション経由の角度調整はございません。レンズ部分を手で上下に動かすことは可能でございます。※左右はいたしかねます」だそうでありまして、仕様に偽りあり?であります。

仕様に偽りありなのは気に入りませんが、太陽光の発電設備の監視目的で、かなりの広角で設置後に向きを変えることはあまりないのかなと思うわけではありまして、純粋に「電源ケーブルもいらない」というメリットをこの価格の範囲で見出すことができれば購入を検討ということでよいのかなという感じであります。中華で5,000円程度のカメラでも、電力供給を確保して、ケーブルを這わせて・・・を考えると2万円弱ならまだお値打ちかもであります。

話は変わりますが、このカメラ、そっくりさんもいるようであります。どちらが本家でどちらが元祖なのかはよくわかりませんが、気になる方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。同じ中華な工場から別々のブランド・型番で出荷をされている可能性が高い気がします。

Yahoo!ショッピングでポイントをばらいまいているタイミングでクーポンも使って、2台まとめて購入が、単価的には一番ウマウマな可能性が高そうでありますが、他の中華なネットワークカメラとは少々勝手の違うところもあるので、まずはよくお調べになってからがおすすめであります。そうそう、このカメラの特性上、あまりケチケチした低速オンリーだったり、制限がないふりをしていても実はgdgdだったりする格安SIMでの運用は苦しいかもしれません。快適に使うためには安定して速度の出るSIMがおすすめです。

こちらもクリックで、他の素晴らしいブログをお訪ねいただくと、もしかしたらこのカメラのレビューをしてくださっている方がいるかもしれません。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■ お知らせ(2)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■ お知らせ(3)
次回の太陽光発電メンテナンス研究会(TMK03)はおそらく11月、年を忘れる会になりそうであります。例のとおり水曜日開催で年末謝恩会費割引か、土曜日開催でエクストリーム長居に臨むかは未定であります。


About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031