太陽光も不労所得ではないような


昨今、教えて君な太陽光投機初心者の方が目につくようであります。これを聞くべき場所がわからないような方はこの事業をするというのには危なっかしい、そんなレベルの話もたまにあるようではありますが、それでも親切をする方も少なくないようではあります。それでよいのでありましょうか。

【実践大家コラム】不動産投資は不労所得なのか(´・ω・`)
そもそも勤労と不労の定義って何よ?w
投資侍 2018.9.17
https://www.rakumachi.jp/news/practical/230492?uiaid=sitx1hvigg&d=20180919

(セミリタイアしたい人の思考)※個人の妄想です。

ワタクシの周りでもセミリタイアしたいな~という人は多かれ少なかれこういう思考を持っている人が多いように見受けられます。あくまでも妄想であって実話ジャナイデスヨ!

今の仕事の給料が割に合わない気がする

転職したいけど自分は特別な資格やスキルがなくて良い所に転職できるか不安

このまま働いていても会社が倒産するかもしれないし、自分も解雇されるかもしれない

今の給料じゃ貯蓄もそれほど増えなくて将来や老後や子どもの教育費に不安

そうだ、不動産投資してセミリタイアしよう←←←なぜそうなるwww

でも自分はどうしたらいいか分からない

キラキラしたセミリタイア大家さんがコンサルをやってることを知る

キラキラ大家さんも低年収・低属性で自分と同じ環境で同じようなことを考えて不動産投資で成功(???)したらしい

キラキラ大家さんのコンサルを受ける←←←それ、一番アカンやつやwww

はい、こういう思考ルートでカモ初心者は食われ、キラキラ・共食い大家は肥え太っていくのであります( ̄ー ̄)

太陽光の世界にもキラキラコンサルのような方もいるようでありまして、関わり方は適切に、をおすすめします。

だからワタクシはリーマンで不動産投資をやろうと思う人は低い目標でも「5年・1億・CF300万」をオススメします。

なぜなら、CF300万を得ることができれば、少なくともネガティブ思考の元凶である「今の給料じゃ貯蓄もそれほど増えなくて将来や老後や子どもの教育費に不安」という点は緩和されるからです。

そして、CF300万円を得られるようになると、、、

「あれ?わざわざリスクを個人で背負って不動産投資なんてやらなくてもリーマンやりながらこのまま貯蓄して少しずつ規模拡大していくのが一番安全で将来の不安もないんじゃね???」

という境地に辿り着く人も出てくるじゃないかと思うんです。個人の妄想です!

CF 300万円は低圧の太陽光でもいくつかやれば十分手が届くラインでありまして、確かに、このラインに到達できるくらいになると視野が広がるように思えます。

ちなみに、キラキラ大家はほぼ全員(某大家の会基準)が不動産投資を好きでセミリタイアしたわけじゃなくてそっちの方が楽に稼げるからと安易にリタイアしたあげく自分の生活がカツカツになってネガティブ思考に陥った初心者を更に地獄に落として食いつないでいくという人間が多いので気を付けて下さいね!

ガクガクブルブル・・・。セミとかフルだかリタイア?されて全力でされている方もいるわけではありますが、太陽光は比較的売上は手堅いわけではありますが、うまく行く人ばかりでは当然ないわけでありまして、気をつける必要はあるということは念頭においておく必要がありそうであります。

じゃあ草むしり2回、ケルヒャー外壁洗浄1回で上振れ込みでCFが4,000万半ばを得られると不労所得なのか???

答えはNOです。

何故かというと資産を今の状態に組み入れるために①経済、法律、税務、市況、金融、不動産の勉強に数万時間、②物件の選定と探索に数千時間、③新築建築など物件を今の状態に仕上げるのに更に数千時間、の労力を費やしています。

だから今の不動産から得られる収益は過去の自分の自己投資と労働に対する投下資本が回収されているだけと考えています。

太陽光も同様であります。本人が楽しんでやっているという部分ももちろんあるとは思いますが、時間やら労力やらを投入しています、多くの方は。まあ、中にはそうでないただのイケイケ投機家の方もいないでもないようではありますが。幸い当ブログは日の当たらないところでちんまりとやるのがポリシーでありまして、こんなブログにまでたどり着く目ざとい(?)方というのはあまりイケイケでない方が多いのではありますが(以下略)。

更に言えば、個人的な意見としては完全な不労所得は親から貰うお小遣いと相続だけだと思います。

株式が不労所得という人もいますが、それなら一日中PCに張り付いているデイトレーダーは不労所得なのか、証券会社でトレーディング部門に勤務している人は不労所得なのか、更に言えばウォーレン・バフェットは究極の不労所得のオッサンなのかという話です。

不動産投資が不労所得と安易に考える人は自ら勉強や労力を費やすことを放棄している、また労力を投下するという考えに至らず思考停止している人が多いと思います。

そういう人に限ってコンサルよろしく他人の言うとおりにやるので100%失敗します。例外なしです。

だってスルガを相手取ってかぼちゃ事件を被害者面して争っている素晴らしい実例がそこにあるじゃないですか。

不動産投資でセミリタイアしようと思っている人は不労所得であるとか、そちらの方が楽に稼げるとか、安易な考えを持たずに自分の向き不向きも含めて冷静に考えてもらいたいと思います。

まったく同感であります。5つ持てば売上1,000万だから会社やめちゃおっかなという単純過ぎる計算の方もたまにいらっしゃるわけでありまして、いろいろなリスクとか、売上と利益の区別とか、キャッシュフローとか、金貸し側の与信の理屈とか、そのへんもよくご検討くださいと思うわけであります。

クリッククリックですばらしいブログの数々をお訪ねいただいて、ご検討の材料としてくださいであります。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■ お知らせ(2)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■ お知らせ(3)
次回の太陽光発電メンテナンス研究会(TMK03)はおそらく11月はなさそうです。情報交換会(JK)時代も含めて、初の12月開催の「年を忘れる会」になりそうであります。例のとおり水曜日開催で年末謝恩会費割引か、土曜日開催でエクストリーム長居に臨むかは未定であります。


About the author

2 thoughts on “太陽光も不労所得ではないような”

    1. コメントありがとうございます。
      買う方も売る方もこの話に当てはまっている方は結構いるようでありまして、ちょっと気がかりであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031