「FIT申請支援協会」?


いったいどのような会なのでありましょうか。FITの申請を支援をお手伝いする会・・・?

2018.11.21
未稼働の太陽光発電が増加、行政のメスに事業者が納得できない理由
https://diamond.jp/articles/-/185878

「穴だらけの法律を作った自らの落ち度を棚に上げ、強引に省令を変更するのは権力の横暴ではないか」

11月上旬に開かれた太陽光発電事業関係者らの会合で、経済産業省資源エネルギー庁の施策に対し、このような辛辣な意見が飛び交った。その施策とは、太陽光発電事業における未稼働案件の買い取り価格の引き下げだ。

冒頭の会合を開いたFIT申請支援協会

穴だけの法律でウマウマしまくろうとしていたら、世論をバックにお上が急にピンクのネクタイを全力で締め上げてきてさあ大変という状況ではありますが、どこかでばさっと切らないとウマウマに群がる蟻の行列は途切れないわけでありまして、お上も大変であります。

「電力会社ガー」「近隣住民ガー」「環境アセスガー」などなど、いろいろな理由はあるとは思われるわけですが、恣意性のない何かの基準でばさっと切らないといけないわけでありまして、電力会社理由は認める、というところでありましょうか。ただ、そうはいっても、じゃあ、現行モデルのパネルに型式を変更して、入手できたらすぐに着工しますよというまっとうな考えでやろうとしている事業者が、今度はJP-ACが足を引っ張られるということは当然起こることが想定っつーか、すでに起こっているわけでありまして、お上と、高級会員制会員団体謹製なんとか代行センターの連携あるいは忖度プレイの結束をなんとかせんとどうにもなりそうもないわけであります。

ところで、「FIT申請支援協会」というのは申請のお手伝いをする行政書士さんか何かでありましょうか。どんな事前変更届出・変更認定申請でも1週間で通してみせます!なんて会なら力強いのでありますが。

それは力強さではなく、マジックかイリュージョンかミラクルではないかという方も、そうでない方も、実際のところは素晴らしいブログの数々をお訪ねいただいて情報収集をお願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)
太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■ お知らせ(2)
最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。

■■■ お知らせ(3)
前回の太陽光発電メンテナンス研究会(TMK03)ではすでに今年を忘れました。来年は1月の水曜日か土曜日を予定であります。日程についてのみなさまのご意見ご要望をお待ちしております。


About the author

6 thoughts on “「FIT申請支援協会」?”

  1. 一般社団法人FIT申請支援協会
    代表理事の牛島と申します。
    協会の職員が、たまたまこのページを見つけて知らせてくれたので、拝聴されている皆様に
    お知らせをさて頂ければと思います。
    【どんな事前変更届出・変更認定申請でも1週間で通してみせます!】は無理ですが
    ギガ単位の申請に係わってまいりました。申請でお困りの方がいらっしゃいましたら是非とも
    ご相談下さい。
    ※協会では、書類の作成提出などの代行業務は行っておりません。

    1. コメントありがとうございます。
      「申請に関わる」「代行業務はしない」ということはどのようなご商売なのかいまいち想像ができないのですが、提携の行政書士さんがいらっしゃるのかご自身が施工業者さんなのでありましょうか。
      FITの申請そのものも結構アレですが、JP-ACの遅さもアレなので、ぜひ、「JP-ACの処理のケツ叩き」活動もお願いします。

  2. ア○ターFITとかいう、展示会で派手なことやってる怪しい会社が設立したようです。
    太陽光○子さんとか、有名な方たちも看板写真を送るのが必須の発電所オーナーの会とかを募集していて、
    太陽光バブル後の居場所をみなさん模索しているみたいですねえ。

    正直改正FIT法の前に活動してもらわないとあんまり意味がない気がします。

  3. 再生可能エネルギー事業者協議会(仮称)設立準備ご支援・ご賛同のお願いにつきまして
    ここにお名前がありますねえ。

  4. なにか、イベントでの派手さを見ると、エステー○24の残党のにおい=ピカツウの元営業連中っぽくて、お近づきになりたくない方たちです。

    1. コメントありがとうございます。
      実は最近は多忙でどのようなイベントなのかはよくわからないのですが、そのスジの方々にしては金色の絵の具の消費量が少なめな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930