野良ソーラーの廃棄費用の計上は信用できないから強制積み立ての件


昨今話題の強制積み立ての件であります。

太陽光発電パネルの不法投棄防止
経産省、廃棄費を強制積み立てに
2019/4/11 19:45
https://this.kiji.is/489023687460996193

外部機関「低炭素投資促進機構」が、家庭や企業から集めた電気料金から積立金を差し引いて、発電事業者に支払う方向だ。

500kW以上の太陽光の入札も取り仕切られている団体でありますね。日本年金機構じゃなくてよかった(笑)

経産省、太陽光発電廃棄費用積み立ての実効性確保を制度化
2019年4月12日

経産省、太陽光発電廃棄費用積み立ての実効性確保を制度化

例外として長期安定発電の責任・能力を担うことができる事業者については、内部積み立てを承認する。

「担うことができる」という判断はだれがどうやって責任をもってするのでありましょうか。どこのだれに審査・承認能力があるのでありましょうか。担うことができなくなったら逃げ得なのでありましょうか。

FIT法では、調達価格の中で資本費の5%を廃棄等費用として計上することになっているが、2019年1月時点で20kW~50kW未満の太陽光発電設備を取り扱う事業者は全体の83%が積み立てをしていなかった。

50kW以上の事業者はどうだったの?というのも気になりますし、新車を買ってあと15年とか20年乗り続けるつもりの人に「今から廃車費用は積み立ててるんだろうな?」というのは現実的ではないように思えます。が、お行儀の悪い人も多い業界でありますし、資本主義の世の中、儲かれば何でもありな風潮もないでもないわけで、強制積立は仕方がないのかもしれません。ただし、「日本年金機構みたいな国営ねずみ講・放漫運用なし」「積立対象の事業者には例外なし」で不公平のないようにお願いしたいところであります。

2018年4月に廃棄等費用として外部積み立てを義務化し、同年7月から定期報告において積立計画と進捗状況の報告を義務化しているが、積み立ての水準や時期は事業者の判断に委ねられているため、現状に適合しているかは不明。

「積み立ての水準や時期は事業者の判断」なそうでありますから「まだ積み立てていないけど、ローンの返済が終わった15年目から本気出す」でもアリなのではないかと思いますが、どうなのでありましょうか。

低炭素発電設備廃棄費用管理機構なんてできて、原発の廃炉費用とごちゃまぜにするなんて展開がありそうな気がしてなりませんが、たぶん気のせいです。

そうだ気のせいだという方も、案外それもあるかもねという方も、こちらをクリックで有意義なブログの数々をお訪ねください。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)

太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■ お知らせ(2)

最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。


About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930