お上から「自動追尾型太陽電池発電設備に関するお願い(周知)」が出ていますよ


昨今の太陽電池パネルの価格低下などにより、優位性が小さくなってしまっているいわゆる追尾式架台であります。まだパネルのお値段が高かったころには、そのお値段の高いパネルの能力をフルに活かすために太陽を追いかけて発電量がなるべく大きくなるようにするアレでありますが、昨今はパネルを動かすて効率を上げるのではなく、パネルを増やしたほうが安上がりじゃね、メカニカルな駆動部分もないからその点でも安心、という感じでありますね。

自動追尾型太陽電池発電設備に関するお願い(周知)
https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2020/04/20200423.html

令和2年4月23日

経済産業省産業保安グループ電力安全課

近年、太陽電池発電設備は、従来の住宅の屋根に設置する「屋根置き太陽電池発電設備」や土地に自立して支持物を設置する「野立て太陽電池発電設備」に加え、貯水池などの水上に設置する「水上設置型太陽電池発電設備」など、設置形態が多様化しています。
このうち、太陽の動きに合わせ太陽電池パネル面の角度を油圧装置や電動モーターによる駆動装置等を用いて自動制御する太陽電池発電設備(以下「自動追尾型太陽電池発電設備」という。)は、太陽電池パネル面の角度を固定させる「野立て太陽電池発電設備」等とは構造や維持管理方法が異なり、設備を安全に維持するためには、パネルやパワーコンディショナーなどの電気設備の保守メンテナンスに加え、油圧装置や電動モーターによる駆動装置についても保守メンテナンスに万全を期すとともに、駆動装置が故障した場合は速やかに修繕等の措置を講じていただくことが必要となります。
自動追尾型太陽電池発電設備の所有者におかれては、販売元から次の資料等を入手し、設備の構造や維持管理方法等について説明を受けることにより、設備の保安について十分に理解いただくとともに、電気設備に関する技術基準への適合性を改めて確認してください。

  • 設計図書
  • 太陽電池モジュール仕様書
  • 支持物の構造図及び強度計算書
  • 地質調査結果
  • 設備の配置図
  • 電気設備の配線図(単線結線図)
  • 施工記録
  • 駆動装置の取扱説明書

20年あるいはそれ以上の発電事業でありますから、駆動部分のメンテナンスは当然必要なわけでありますし、壊れたままで放置では、見た目も問題でありますし、強風が吹いたときには意図しない結果にもなりかねません。技術基準はあくまでも最低限の基準でありまして、ご近所様やらお上やら同じ業界の関係者にも迷惑をかけないように、余裕をもって適合をしていることを確認しておきたいものではありますが、中には撤退したメーカー・販売元もあったりするのではとちょいと心配であります。

高い買取価格で追尾式でイケイケ売電な方も、買取単価は低くてもダブル・トリプル過積載級で攻めちゃうもんねという方も、素晴らしいブログの数々を以下のバナーをクリッククリックでお尋ねください。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)

太陽光発電の設備の設計や購入に関するご相談をいただくことがときどきあります。技術的なご相談はお受けできることもありますが、特定の案件に関するご質問で検討・回答に時間がかかるようなものをタダでいくらでもというわけにはいかないことはご理解ください。ブログのネタにできるような一般的なご質問は結構お答えできるかもしれません。また、業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界・業者さんはだいたい(中略)」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。信販審査通ってもアレ、公庫の融資審査通ってもまたアレ、こっそり見積もりの金額を上げられたり、こっちが発注しますといってから1割近くも値段を上げられたり、インターネットがつながらない状態で遠隔監視システムを中途半端にそこに物理的に付けただけで(以下略)などなど、業者さん選びの引きの弱さは自信があります。そんなわけで業者さんの信用状態のことは当ブログ主は聞かないほうがいいと思います。ねぎソーラーの頃は恵まれていたんだなあとひしひしであります。

■■ お知らせ(2)

最近、分譲物件のご購入に関するご相談を多くいただいております。利回りだけを見て検討されていると思われるケースが少なくないようでありますが、メーカーさんや業者さんがまともな根拠もなくシミュレーションをしていると思われる例(「実績」と言いながら近くに比較対象になっているべき設備が存在しないもの・明らかに発電量を多く盛りすぎと思われるもの・いわゆる過積載のいわゆるピークカットをシミュレーションでまともにやっていないのに実績自慢をするような例)や、土地代が含まれていないのに土地付きとかなんじゃそりゃというものもあったりしますし、土地賃料を抜いて利回りを計算したり、利回りを2倍近くに盛っている例もありました。シミュレーションやそれをもとにした想定利回りは「シミュレーションなので保障しません」でなんとでも言い逃れができるものではあります。イケイケなのか下請けに丸投げなのか担当者が勝手にやり放題なのか、結構いい加減な会社さんもこの業界には少なくないようであります。また、支払い条件(特に多額の前払いの要求・多額でなくても要注意ですが)にも十分ご注意ください。どうかみなさまにおかれましては、取引先選び・物件選びは自己責任という大前提のもと、利回りのみならず将来の収支をよくご検討の上、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断をされますようお願い申し上げます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました