ご意見募集とか、締め切りが早いですよとか。


9月といえばそろそろ秋なのに、まだまだ夏のような気温だったりする日もある今日このごろですが、冬の風物詩が着々と近づいているお知らせです。まだ9月前半だという状況でありますが、冬の訪れは早そうでありますね。

東京電力管内の低圧をご検討の方、というっても新規の全量買取・低圧野立てはもうないわけではありますが、お知らせであります。

FIT申込期限日付近における供給申込みついて(低圧)
2020年9月7日
https://www.tepco.co.jp/pg/consignment/fit/notice/20200907.html

2020年度内に事業計画認定取得をご予定されており,接続の同意を証する書類の発行をご希望の方(低圧)向けの申込期限日および,申込時の注意事項は「2020年度内の接続契約締結にかかるお申込み期限日について(低圧)」にて周知しております。詳しくはこちら

供給申込がある場合(新設や増減設(契約変更))にあわせて発電設備申込をする場合は,「供給設計番号」の入力が必須となりますが,申込期限日が近づいているため供給申込が増加しており,供給設計番号の振出しに通常より時間を要しています。

つきましては,2020年度内の接続契約締結にかかるお申込み期限日までに、供給設計番号の振出しを希望される方は,次の日時までに供給申込をお願いいたします。

(供給申込とは,Web申込システムにて設備情報登録までを完了したことを指します。小売電気事業者へのお申込みではありませんので,ご注意ください。)

2020年9月30日までに供給設計番号振出しを希望の方:2020年9月17日(木)
2020年10月30日までに供給設計番号振出しを希望の方:2020年10月21日(水)

※上記日時を過ぎた場合は,2020年度内の接続契約締結にかかるお申込み期限日までに供給設計番号の振出しが間に合わず、ご希望に添えない場合がございます。

そんな今日このごろですが、お上からはこんなご意見募集も出ています。認定の失効までの期間の件でありますね。

パブリックコメント:意見募集中案件詳細
電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案等に関する意見公募について
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620120033&Mode=0

案件番号 620120033
定めようとする命令等の題名 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案等
根拠法令項 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法
行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続
問合せ先(所管府省・部局名等) 経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー課 TEL:03-3501-4031
案の公示日 2020年09月07日
意見・情報受付開始日 2020年09月07日
意見・情報受付締切日 2020年10月06日

今回のご意見募集は失効期限の件でありますが、よりお安い買取価格でも売電したいよという方が優先されたり余計な手間・待ち時間なく連系できる仕組みというのが好ましいと思うわけであります。価格が下がるのを故意に待ったり、権利を転がしたり、そんなせいで容量が不当に抑えられたりというのは・・・、あとはお察しくださいであります。

個人的には、真面目に取り組む方が安心して居残れるように、そろそろ長期的な展望を見据えて制度をリニューアルしてもらいたいなあという感じはいたします。

手が回らなくなるから物件探しは手仕舞いという方も、まだまだやるよーという方も、息切れしたから一休みという方も、お役立ちなブログへは以下のバナーからどうぞであります。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)

業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。

■■ お知らせ(2)

物件の検討にあたっては業者さんの「俺様シミュレーション」による利回りではなく、ご自身の十分な理解の上、将来の収支や採用される機器の信頼性などもよくご検討の上で、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断ください。

■■■ お知らせ(3)

固定資産税のお支払いでポイントなどを貯めるお話ならnanacoとかファミペイの話を、イケイケな過積載に挑むなら方位角・傾斜角各種対応の過積載のいわゆる「ピークカット」率の参考資料をどうぞであります。

■■■■ お知らせ(4)

オンラインではないほうのTMK13 (第13回太陽光発電メンテナンス研究会)の開催は、早くても11月(忘年会)以降でありますが、昨今の事情から年内はもう無理かもしれません。オンラインなほうのTMKオンラインについては、毎月(12月を除く)の開催の予定、次回のTMKオンライン(TMKオンライン02)は9月30日(水曜日) 20:45からの予定であります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました