夏の思い出、高圧(入札ではない固定価格買取)を検討したけど2日で断念。


イケイケ投資熱は熱い方がまだまだいらっしゃるようではありますが、秋も近づいて涼しくなってきている今日このごろでありまして、当ブログ主もいろいろな意味で涼しげであります、色んな意味で。お財布の中とかも。

さて、暑かったと夏のある週末、某エシカルなおにぎりと、毎週1個無料だったおにぎりの合計2個をまとめて会計、エシカル()なおにぎりはnanaco払いで昼食にした、見回り活動等の最中の思いつきで、高圧で入札ではない規模(50kW以上250kW未満)がほしいほしいなんてことがありました。固定価格買取で今年度なら12円だったアレでありますね。

いろいろと電気保安の面で要件が厳しかったり、電気主任技術者さんを配置または外注したりということで、法的にも低圧野良ソーラーのような「なんちゃって発電所」ではなく、きちんとした発電設備でありまして、こういった面では当然コストはかかるわけであります。また、パワコンからの出力電圧を、高圧配電線(6.6kVとか)に昇圧するキュービクルも発電事業者持ちであります。また連系可否について空き容量は低圧連系よりもシビアでありますね。

その一方で、低圧野良ソーラーと比較して規模が大きい分、機材や施工単価が低めであったり、敷地の利用も効率的であったり(周辺部のフェンスだとか影の配慮の点で)ということで魅力的な部分もあるわけであります。なんといっても「なんちゃって発電所」ではなく「ちゃんとした発電設備」を持てるというのはあこがれでありますね。

一部では、今から仕込んでパネルの価格低下を見込めば、利回り13%とかも可能、あるいは利益をしっかり乗っけても10%でどエンドに売れまっせと言って煽っているお仕事もあるようでありまして、その是非とかお上がどう思っているかはともかく(「またお前らかよ」とか?)、どエンド低圧発電事業者にとっては高圧を持つというのはワン・オブ・ドリームなわけであります。

当ブログ主としては、いろいろと妄想をしてみた結果、収益面では少々厳しいことは覚悟で、2,000平米とか3,000平米の土地で、パネル容量で200kWとか300kW、パワコン容量で150kWとか200kWあたりを仕込んでみようかと思ったわけでありまして、各方面での情報収集を始めてみたわけであります。

が、その翌日に、・・・なことがありまして、いろいろな妄想の前提が変わってしまって、結果、2日で高圧の妄想は断念となりました。

早い、早すぎる。

まあ、その、・・・なこともさらに状況が変わってなくなって結局全部なくなりましたと、チャンチャン。

20年以上の取り組みでありますから、つまらんストレスを抱えてまでするものでもないわけであります。ストレスフルな昨今ではありますが、太陽光発電というのは三密を避けた貴重な野外活動でありまして入り口から出口まで不要なストレスは避けていきたいと思います。(必要なストレスはまた別でありますよ。)

ということで、新しいものに挑み続ける方も、これから隠し玉をじっくり消化される方も、土地権利で転売一儲けを狙っている方も、みなさんがんばってくださいであります。あ、権利ホールドで後でウマウマを狙われている方もいるようではありますがいろいろな意味でそのようなことはほどほどにしておいたほうがよいと思いますよ、お上に規制されたりとかいろいろと。

当ブログ主はわけあって増えた監視カメラとか、LTEルータ類で、えいえいっといろいろとお試しをしてみたいと思います。過積載シミュレーションとか詰め込みシミュレーションも気が向いたらちょいとまた焼き直してみましょう。

以下のバナーから、イケイケな方とか、妄想エンジョイ系の方とか、マネタイズ系な方とか、いろんな方のブログをどうぞであります。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)

業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。

■■ お知らせ(2)

物件の検討にあたっては業者さんの「俺様シミュレーション」による利回りではなく、ご自身の十分な理解の上、将来の収支や採用される機器の信頼性などもよくご検討の上で、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断ください。

■■■ お知らせ(3)

固定資産税のお支払いでポイントなどを貯めるお話ならnanacoとかファミペイの話を、イケイケな過積載に挑むなら方位角・傾斜角各種対応の過積載のいわゆる「ピークカット」率の参考資料をどうぞであります。

■■■■ お知らせ(4)

オンラインではないほうのTMK13 (第13回太陽光発電メンテナンス研究会)の開催は、早くても11月(忘年会)以降でありますが、昨今の事情から年内はもう無理かもしれません。オンラインなほうのTMKオンラインについては、毎月(12月を除く)の開催の予定、次回のTMKオンライン(TMKオンライン02)は9月30日(水曜日) 20:45からの予定であります。


コメント

  1. ガンガン より:

    あー、東京な電力さんから。「関東で高圧の容量が空いているのは東京、神奈川ぐらいと長野のアソコぐらい」って言われたんですかwwww

    市ねですよね。自分たちの風力はやるくせに。

    • fppv fppv より:

      コメントありがとうございます。
      太陽光はほどほどにして風力だとかというお上のご意向の絡みもあるとは思いますが、不透明な感じはやはり否めないなと思います。

タイトルとURLをコピーしました