だいぶ冬休みモードでですが、なんか腹が立つ、Go To トラベル。


来週から実質的には年末年始休暇という方も多いのではないでしょうか。

ということで、太陽光発電クラスタの方々の中には金融機関さんにマネーの相談という方も少なくないようであります。当ブログ主といたしましては、ちょっとひと息でありますが、Go To なんとかにプンスカする今日このごろであります。

旅行業界につま先くらいは突っ込みかけた当ブログ主としてば、利権産業・斜陽産業・生かさぬよう殺さぬよう下請けいじめ系の中抜き屋的な大手旅行代理店がどうなろうが知ったことではないのですが、中抜き以外の部分に及ぼす経済効果も結構大きいのは事実でありまして、「下請けいじめ系の中抜き屋・利権構造の中心付近」以外の旅行業界(関連産業も含む広い意味で)については崩壊しては困るわけであります。地域経済ってものもありますし。

で、Go To ドラベルが中断だそうでありますが、中断したらキャンセル殺到って何なのでありましょうか。「35%割引なら旅行に行く、35%割引がないなら旅行に行かない」なんて言っている奴らのためのキャンセル料がなんで税金から出るのか、であります。(しかも上限2万円とはいえ半額までは税金から出すらしいですが、これ、中抜き会社はどのくらい抜くのでありましょうかね。)

「行きたい人は堂々と行く。」「行く必要のある人は堂々と行く。」「行く人も迎える側も感染対策は十分に。」「自粛を強く要請みたいなよくわからないことはしない。(「禁止」すると責任を取らないと受けないからなのでしょうなあ)」「経済対策というのであれば、閑散期を対象にして需要を掘り起こす。」「繁忙期に補助金なんていらんでしょ。」「今はお客さんには来てほしくないと思う地域・施設は今は来ないでと堂々とお断りを主張できる。」ではだめなのでありましょうか。

まあ、物事は一階ではなくお二階の方で決めているのでありましょうかね、利権と媚中で。

なんだかなーでありますね。もともとの1月末まで延長というのも、2月になったらあっちの国の新年なのでそれを見込んでそれまではなんとか、という絡みだったようでありますし。

ということで、太陽光発電事業クラスタのみなさんにおかれましては、県境を超える移動はしても、コンビニでも買い物程度、ほとんどだれとも話をせずに、黙々と野良をして日帰りとか、まあ、寒い中、みなさんがんばってささやかに経済を回しましょう、でありましょうか。

枯れ草の始末作業にお疲れの方も、敷地内のちょっとした土木作業にお忙しい方も、通信の不具合でちょっとしたケーブル配線に忙しい方も、みなさま以下のリンクアイコンをクリックでお役立ちなブログへどうぞであります。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)

業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。

■■ お知らせ(2)

物件の検討にあたっては業者さんの「俺様シミュレーション」による利回りではなく、ご自身の十分な理解の上、将来の収支や採用される機器の信頼性などもよくご検討の上で、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断ください。

■■■ お知らせ(3)

固定資産税のお支払いでポイントなどを貯めるお話ならnanacoとかファミペイの話を、イケイケな過積載に挑むなら方位角・傾斜角各種対応の過積載のいわゆる「ピークカット」率の参考資料をどうぞであります。

■■■■ お知らせ(4)

オンラインではないほうのTMK13 (第13回太陽光発電メンテナンス研究会)も、オンラインなほうのTMKオンラインも、今年中の開催は終了しました。TMK13は例の新コロの状況次第(2021年1月・3月は開催しません)、TMKオンライン05は2021年1月下旬の水曜日開催予定です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました