しばらくお腹いっぱいです。


投資家の「いい案件があったらお願いします」というのは「クソ物件持ってくるなや、ボケ」でありますが、売りてからは「あなたに回す物件があったらもっと金払いのいいお客さんに回すか、自社物件にしますから」と思われているわけでありまして、とにかくおはようございます!

何事も、身の程を知ることは重要であります。売り手からすると「ごちゃごちゃ言わない人」「金払いのいい人」がいいお客さん(都合のいいお客さん)です。「ごちゃごちゃ言うくせに」「値切り倒したりする」「最後には結局商談を成立させない」タイプというのは最悪な客であることは言うまでもありません。

もちろん、向こうからくる物件になんでも食いついていてはお腹を壊してしまいますし、ごちゃごちゃと言うこと自体は自由でありますが、売り手がだれに売るかも自由でありまして、まあ、やっぱり身の程を知れということであります。

当ブログ主、最近はお腹いっぱい気味でありまして、いい物件なんて最近はなかなかないのはわかっているつもりで、かつ、身の程を知っているので向こうからくる物件はだいたいアレなのもの認識しているので、活動はおとなしめではありますが、比較的身近なところでいろいろと事象が発生しているとちょっとお気持ち表明したくなりました。

昨今のマーケット情勢がどうなのか、どんな案件なら自分の投資のものさしに合うのか。そこまでは具体的な物件が表に出ていなくても自分で事前に線を引いておけるものでありますから、売り手さんと無用なやりとりをする前にクールにさばけるようになっておきたいものであります。

経験値高めのみなさんの活動状況は、以下のリンクアイコンをクリックで素晴らしいブログをお探しするとよいかもしれませんよ。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)

業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。

■■ お知らせ(2)

物件の検討にあたっては業者さんの「俺様シミュレーション」による利回りではなく、ご自身の十分な理解の上、将来の収支や採用される機器の信頼性などもよくご検討の上で、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断ください。

■■■ お知らせ(3)

固定資産税のお支払いでポイントなどを貯めるお話ならnanacoとかファミペイの話を、イケイケな過積載に挑むなら方位角・傾斜角各種対応の過積載のいわゆる「ピークカット」率の参考資料をどうぞであります。

■■■■ お知らせ(4)

次回のTMKオンライン(TMKオンライン08)は4月下旬の水曜日の夜開催予定です。オンラインではないほうのTMK (太陽光発電メンテナンス研究会)の次回開催は新コロの状況次第ですが、2021年7月以降開催になりそうです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました