めりくり。今年のポンコツ、来年の作業のおさらいを。


ちょっと遅くなりましたが、でした。(遅いよ)

みなさんのところにはサンタさんは来ましたでしょうか。それとも、今流行の置き配でしたでしょうか?

さて、今年のポンコツ、今年のうちに今後の対応を考えておきたいものであります。

スズメバチが巣をつくったり、敷地内に外部から水が入り込んできて土木工事しないとなーだったり、ソーラーエッジのオプティマイザーの交換なんてやったことがないけど自分で取り替えることになったり(TIGOやったことなら大丈夫でしょう的な勢いでやらせていただきました)、これまたソーラーエッジで原因がよくわからないけれども全体の半分以上のストリングが発電しなくなったり、いろいろとあったりしました(あったりします=一部は現在進行系)

スズメバチ

【スズメバチ対策】季節に合った駆除方法と刺されないための予防策
2020.08.03
https://magazine.cainz.com/article/6875

上図のとおり、ハチが巣作りする場所には傾向があり、毎年同じ場所に巣を作るという習性もあります。その場所に先回りして、ハチが嫌がる成分を塗布しておくことで、巣作りを事前に防ぎます。

東急ハンズをお買い上げになるカインズさんのホームページ。4月ごろからの対策がよさそうであります。今年作られたら、来年もまた巣を作られるかもでありますから、しっかり対策をしたいものでありますね。このあたりのブツで対策しようと思います。

ご関心があれば、じゃなくて、スズメバチの怖さを知るには動画もおすすめです。

【スズメバチ、襲来】1000匹の「スズメバチ」が襲いかかる、恐怖の駆除現場に潜入
https://www.youtube.com/watch?v=M9RJEpQG3mg

外部からの水

敷地外だけを本来流れているはずの水が、そちら側のポンコツのおかげでこっちの敷地内に入り込んで水みちができて土を削り始めたりしますが、これは浸透桝のレベルではなくてなんとか流路を整備せんとなーであります。防草シートをちょいと剥がしたりしないといけないのはめんどくさなあ、あのあたり、土も硬かったみたいで面倒だなあ思いつつも、小春日和の日に、土と戯れてみるのも悪くはないかもしれません。

参考になりそうな動画を探してみたのですが、重機とかモルタルとか砂利たたくさんとか、結構大変そうであります。うーん、そこまで本格的なものでなくても、土を削らない程度に、普通に流れてくれれうばいいんだけどなあということで、塩ビ管か、流しそうめん的な雨樋でなんとかしようと思います。

ソーラーエッジ

不具合を食らう人は結構食らっていますし、そうでない人はそうではない、そんな感じであります。不具合がわかっても対応を問い合わせないとわかないこともあったり、サポセンさんに電話をかけてもアナウスもなく延々とBGMを聞かされる、本社の代表番号に「何このBGM?」と聞いても「混んでるから待て」としか言われない、そんなことありました。

思うところはいろいろとあるのですが、細かくモニタリングができるから気になるところも見つかる、それはそれでよいのかもしれませんが、(オプティマイザーがちょっとアレな件は別として)どエンドユーザーでも現場で解決できるといいと思うのですがと思いました。宿題は来年まで続きそう・・・な感じであります。

ただし、強気だった(過去形?)某パワコンメーカーさんとちがって「商流が」とか面倒なことは言われないので、どエンドユーザーが直接問い合わせても、サポセンさんは親切に対応してくれます。

みなさんのところはいかがですか。いろいろと宿題のある方も、絶好調な方も、みなさま来年がよい年になりますように。ついでにもしよかったらえいっとクリックも。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 


■ お知らせ(1)

業者さん(メーカーさん・施工業者さん・販売業者さんなど)の信用状態に関するご相談はいただきましても回答することはできません。「民間企業の寿命は案外短い」「この業界はいわゆる太陽光バブルで新参者がたくさんいてそういう業界」ということを念頭において、ご自身のご判断で取引業者さんをご選定ください。

■■ お知らせ(2)

物件の検討にあたっては業者さんの「俺様シミュレーション」による利回りではなく、ご自身の十分な理解の上、将来の収支や採用される機器の信頼性などもよくご検討の上で、価格の適正さをご自身の責任において見極めてご判断ください。

■■■ お知らせ(3)

固定資産税のお支払いでポイントなどを貯めるお話ならnanacoとかファミペイの話を、イケイケな過積載に挑むなら方位角・傾斜角各種対応の過積載のいわゆる「ピークカット」率の参考資料(METPV-20データ利用)をどうぞであります。

■■■■ お知らせ(4)

2021年のTMKオンライン(オンライン版太陽光発電メンテナンス研究会)の開催はすべて終了しました。オンラインでないほうのTMK (太陽光発電メンテナンス研究会)は今年も開催できませんでした。TMKオンラインの次回開催は2022年1月の予定、オンラインではない方のTMKの開催は新コロの状況次第ですがしばらく先になりそうです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました